• 携帯電話向けページ
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム >  組織別情報 >  経済産業部 >  水産技術研究所 >  伊豆分場 >  伊豆の魚の方言

2012年09月20日 更新
ここから本文です。

静岡県水産技術研究所 伊豆分場

パンくずリスト矢印 伊豆の魚の方言

伊豆の魚の方言(逆引き編)

伊豆半島各地の魚の方言(逆引き編)

ア行  ■カ行  ■サ行  ■タ行  ■ナ行  ■ハ行  ■マ行  ■ヤ行  ■ラ・ワ行

※上記の行名をクリックすると魚の方言リストページにジャンプします。

熱海市網代から沼津市戸田(前田方郡戸田村)まで伊豆半島の14地区の魚の方言をまとめた「伊豆半島各地の魚の方言(I)〜(III)」(以下原編とする)が本誌に掲載されたのは今から23年も前(第180号:1975年、第181、182号:1976年)のことです。伊豆の浦々をくまなく回って丹念に方言(地方名)を集めた、当時の専門技術員松岡玳良さんの労作は、その後多くの研究者や漁業関係者の『伊豆の魚名辞典』として永く活用されてきました。

原編は、304の魚種(または種類)ごとに、標準和名から方言を引く形のもので、ある程度目的とする魚の姿形が分かっている場合は便利ですが、方言しか分からない場合は、方言から標準和名を知るのは至難の業です。そこで、今回は、この方言集をより有効に使っていただくため、方言から標準和名を引く“逆引き編”を作りました。原編共々ご活用下さい。なお、本稿は、水試漁業開発部の幡谷研究主幹の多大なるご苦労の賜です。心より感謝申しあげます。(村松高明)

利用にあたって

“逆引き編”は原編に記載されたすべての方言(標準和名以外の地方名)を見出し語とし、次に、相当する標準和名を、使用地区及び一部成長による名称変化を添えて、列記した。ただし、長音の表記について、ロウソクとローソク、トオヤとトウヤなどは、いずれも同じ方言とみなし、いずれか一方のみを記載した。また、原編で標準和名が○○類(例:ヒメジ類)と記載されている魚種については、同名の方言(ヒメジ)は除いた。

 

凡例 1

地方名 標準和名(地区名:矢印は成長した際に呼び名が変わる場合のこと)
 イシアタマ 
 方言 
 ネンブツダイ
 標準和名 
 (網、富、子) 
 地区名

 

使用地区名の略号

網(網代)、富(富戸)、稲(稲取)、白(白浜)、須(須崎)、牛(田牛)、妻(妻良)、

伊(伊浜)、雲(雲見)、仁(仁科)、子(田子)、安(安良里)、土(土肥)、戸(戸田)

 

凡例 2.

地方名 標準和名(地区名:矢印は成長した際に呼び名が変わる場合のこと)
 トオヤク 
 方言
    
 シイラ 
 標準和名 
 (: 
 地区名 
 ネコマタギ→トオヤク、 
 成長による名称変化 
 ) 
 地区名 

 ※「戸田では、シイラを成長段階によりネコマタギあるいはトオヤクと呼び、仁科では単にトオヤクと呼ぶ」の意。

 

トップページにもどる

▲画面トップにもどる

お問合せ先

水産技術研究所 伊豆分場
 〒415-0012 静岡県下田市白浜251-1
 電話番号:0558-22-0835 FAX:0558-22-9330

当研究所、および、このホームページに関するお問い合わせは、電話、FAX、または、下記のメールアドレスまでお願いします。
suigi-izu@pref.shizuoka.lg.jp