静岡県水産技術研究所


水産技術研究所からのお知らせ

「研究活動の不正行為への対応等について」を掲載しました

(お知らせ日:2017年3月24日)

「研究活動の不正行為への対応等について」を掲載しました(2017年3月31日)

「研究情報」のページに「研究活動の不正行為への対応等について」を掲載しました。

 

詳細はこちらをご覧ください(「研究情報」のページへジャンプします)

 

本件のお問い合わせ先
静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
    電話番号:054-627-1817    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp

▲画面トップにもどる

水産加工技術セミナーのご案内

(お知らせ日:2017年2月21日)

第62回水産加工技術セミナーのご案内

64名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

しかしながら、輸入製品や他産地との競争激化、消費者嗜好や流通環境の変化、高齢化が進むマーケットなど、新たな対応が求められる課題も多くなっております。

そこで県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

今回のセミナーでは、加工品の安全性確保と新規食品開発をテーマに皆様の事業の一助となるのを期待して、下記のとおり開催いたします。

 

開催日時:

平成29年3月8日(水)13時30分〜16時30分

開催場所:

静岡県水産技術研究所大会議室 (焼津市小川3690)

案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

内容及び講師:

詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

水産技術研究所研究員による研究報告(13時35分〜14時10分)
  • 「魚肉脂肪量の違いとPAHs付着量」  上席研究員  鈴木 進二
    くん煙製品の風味付けに欠かせない、薪を燃やして発生させるくん煙には、有害物質PAHs(多環芳香族炭化水素類)がごく微量含まれ、諸外国では食品中のPAHs量が規制されています。PAHsは脂溶性のため、魚肉脂肪量が多いと付着量も増えると予想されます。そこで魚肉脂肪量とPAHs付着量の関係を調べたので、その概要をご紹介します。

 

  • 「海藻多糖類を分解する細菌」 上席研究員  望月万美子
    増粘剤やゲル化剤などとして食品加工に利用されているアルギン酸は海藻(褐藻類)に含まれる多糖です。多糖類を分解できると、機能性オリゴ糖や粘度の低い増粘剤など用途が拡大するため、研究が進められています。今回は、当所で保有する分解細菌についてご紹介します。

 

  • 「静岡県のシラス漁業におけるフグ稚魚混入の現状について」 
    上席研究員 鷲山裕史
    静岡県におけるシラス漁業の漁獲物に混入するフグ稚魚の現状について、種類やサイズ、時期などの調査結果を報告します。
  •  

    講演1「しらすへのフグ稚魚の混入について」 (14時10分〜15時10分)
    • 東京海洋大学 教授   長島 裕二 先生

        しらすには他種魚介類の稚魚や幼生が混入することがあり、2014年にフグ稚魚の混入が問題になりました。

        そこで、しらす加工品の安全性確認のため、フグ稚魚混入の実態調査を行い、調べたしらす加工品は食品衛生上問題ないことがわかりました。

    講演2 「学校給食に選定されやすい商品について」(15時20分〜16時20分)

    • 講師: リンク株式会社 代表取締役   鍋島 温夫 先生

    学校給食は単独校、センター方式等の現場により設備の違いがあり、使用する製品形態の違いがあります。

    それをよく理解して作る必要があります。また、食品アレルギー対応商品も考える必要があります。

    参加費:

    無料 

    定員:

    100名

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAXまたは郵送にてお申し込み下さい。

    申し込み先

    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690 静岡県水産技術研究所 開発加工科

    FAX:054-629-7350または FAX:054-627-3084

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    インターネット回線工事によるホームページ更新の一時中断のお知らせ

    (お知らせ日:2017年3月24日)

    インターネット回線工事によるホームページ更新の一時中断のお知らせ:工事は終了しました(2017年3月27日)

    平成29年3月27日(月)未明にサーバーの切り替え作業を行います。作業当日から 翌日28日にかけてアクセスできなくなる場合がありますので御了承ください。お手数ですが、上記時間帯を避けてアクセスしていただきますようお願いします。

     

    インターネット回線工事予定日時

    平成29年3月27日(月)未明から翌日28日

     

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産技術研究所ホームページの問合せ先のアドレスを変更しました

    (お知らせ日:2017年3月15日)

    水産技術研究所ホームページの問合せ先のアドレスを変更しました

    サーバーの切り替えに伴い、ホームページに関する問合せ先のメールアドレスを変更しました。

    変更の詳細は下記のとおりです。旧アドレスを個人アドレス帳等に登録されている方は、変更をお願いします。

     

    変更日

    平成29年3月15日(水)

     

    メールアドレスの変更詳細

     

    旧 suishi@shizuokanet.ne.jp

     

    新 suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp

     

     

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2016年10月25日)(更新日:2016年11月28日)

    水産研究発表会 魚を科学する 〜おさかな最前線!〜

    60名に参加していただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    静岡県における水産研究の最新情報を、水産技術研究所の研究員がわかりやすく紹介します。

    多くの皆様の参加をお待ちしています。

     

    主催:

    静岡県水産技術研究所

    開催日時:

    平成28年11月25日(金曜日)13時00分〜16時00分(開場12時30分)

    開催場所:

    焼津公民館 大集会室(焼津市本町5-6-1アトレ焼津3階) 地図はこちらからご覧ください

    発表内容:
    キンメダイ  
    キンメダイ
    養成中のキンメダイ
    養成中のキンメダイ
    キンメダイの孵化仔魚
    キンメダイの孵化仔魚
    シラスの魚種交代?〜増えるマイワシシラス
    マイワシ(上:シラス)
    魚肉加工への農産物利用
    魚肉加工への農産物利用
    大型ウナギのフランス料理
    大型ウナギのフランス料理
    “ふくよか”なニジマス
    “ふくよか”なニジマス

    1 . キンメダイを増やす!!

    キンメダイは静岡県を代表する魚ですが、資源の減少が心配されています。数百mの深海に棲むため飼育することが困難な魚ですが、水産技術研究所では栽培漁業の実現に向けた研究を開始しました。今回は、キンメダイの親を育てる研究とふ化した稚魚を育てる研究について紹介します。

    1-(1)深層水を使ってキンメダイ親魚の養成に挑戦

    飼育することが困難なキンメダイを、低温で清浄な深層水を使って、種苗生産用の親魚として仕立てるための試みについて紹介します。

    1-(2)キンメダイの人工ふ化に成功!〜種苗放流の実現に向けて〜

    産卵期の親魚を捕獲して人工授精し、ふ化した仔魚を育てる取組みを紹介します。

    2 シラスの魚種交代?〜増えるマイワシシラス〜

    釜揚げシラスは、本県を代表する味覚の一つです。“シラス”にはカタクチイワシ、ウルメイワシ、マイワシの3種があり、近年、春先に獲れるマイワシシラスの漁獲量が増えています。マイワシシラス漁獲量とマイワシ資源の動向について紹介します。。

    3 やわらかい鰹・鮪を食べたい!

    鰹や鮪は、加熱するとかたくなってしまい、消費者に敬遠されがちです。そこで、加工してもやわらかい鰹・鮪を目指して、魚肉の自己消化や農産物を利用する加工方法について検討しましたので、その概要について紹介します。

    4 ウナギを大切に食べよう

    ニホンウナギの資源が減少し、これまでのように大量に消費することが難しくなってきました。これからも美味しいウナギを食べ続けていくため、ウナギを大きく育てて利用する取組を紹介します。

    5  “静岡県産サーモン”を食卓へ

    近年、“サーモントラウト”として海外産の大型ニジマスが人気です。最新の遺伝子解析技術を用いた育種研究により、県内でも養殖されている大型ニジマスの低コスト化につながる“ベジタリアン”で“ふくよか”な素質を持つニジマスを見つけたので紹介します。

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    参加費:

    無料

    申込方法:

    住所、氏名、職業を、下記のあて先まで、はがき、FAX、または、電子メールでお知らせください。住所は次回の開催案内の発送に使用します。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    水産技術研究所 開発加工科:   〒425-0032 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818     FAX:054-627-3084   E-mail:suigi-kaihatsu@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    ウォットの指定管理者の募集について

    (お知らせ日:2015年9月4日)

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(ウォット)の次期指定管理者を募集します。

    募集は終了しました。ありがとうございました。

    県が設置した「静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設」(愛称:ウォット)では、今年度末で現在の指定管理者の指定管理期間が終了するため、次期指定管理者を募集します。

    募集の概要
    1 対象施設

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(浜松市西区舞阪町弁天島5005-1)

    2 指定期間

    平成28年4月1日から平成33年3月31日まで(5年間)

    3 募集要項の配布

    配布期間:平成27年9月7日(月)から9月30日(水)

    配布場所:静岡県水産技術研究所(焼津市小川3690)、静岡県水産技術研究所浜名湖分場(浜松市西区舞阪町弁天島5005-1)

    ※募集要項は県のホームページからでもご覧になれます。(http://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-030a/4-7.html) (クリックすると別ウインドウで開きます)

    4 現地説明会

    平成27年9月15日(火)午後1時30分から

    場所 静岡県水産技術研究所浜名湖分場 2階研修室

    5 申請の受付

    平成27年9月24日(木)から平成27年10月2日(金)

    施設の概要

    水産資源、自然環境等に親しむ機会の提供を通じて、浜名湖に対する理解を深めることを目的に、平成12年8月に開館した。平成17年度から指定管理者制度を導入している。

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(ウォット)へのリンク (クリックすると別ウインドウが開きます)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033  静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    インターネット回線工事によるホームページ更新の一時中断のお知らせ

    (お知らせ日:2015年8月5日)

    インターネット回線工事によるホームページ更新の一時中断のお知らせ

    平成27年8月20日(木曜日) 13時〜15時の間、インターネット回線工事のため、水産技術研究所ホームページの更新作業が50分程度一時中断されます。

    お手数ですが、上記時間帯を避けてアクセスしていただきますようお願いします。

     

    インターネット回線工事予定日時

    平成27年8月20日(木曜日)13時から15時の間の50分程度

     

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2016年7月1日) 

    チリモン教室開催のお知らせ 〜研究員と一緒にチリメンモンスターを見つけよう!〜

    〜イベントは終了しました。27組(大人30名、子供52名)の方に参加していただきました。ありがとうございました〜

    チリモン教室
    チリメン
    チリモン

    「県民の日」に関連するイベントとして、水産技術研究所では県民の皆様に魚介類に関する知識や水産業に対する理解を深めていただくため、主に子供たちを対象とした体験学習講座「チリモン教室」を8月19日(金)に開催します。

    しらす干し(チリメンジャコ)に混じっている他の魚介類の稚魚や幼生(チリメンモンスター:略称「チリモン」)をルーペやピンセットを使って探し出し、図鑑で名前を調べます。また、探し出したチリモンをカードに貼り付けて、研究員の認定を受けます。

    事前に申し込みが必要ですので、以下の申し込み方法に沿って往復はがきを水産技術研究所まで郵送してください。

    開催日

    平成28年8月19日(金曜日) 

    会場

    静岡県水産技術研究所 (焼津市小川3690)

    案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    料金

    無料

    開催時間

    50分間程度の講座です。ご希望の時間帯でお申し込み下さい。

    回次時間帯
    第1回10時00分から10時50分
    第2回11時00分から11時50分
    第3回13時00分から13時50分
    第4回14時00分から14時50分
    第5回15時00分から15時50分
    募集定員

    25組(1組あたり2〜3人程度):講座1回あたり5組

    募集対象

    主に小学生とその家族。友達や家族と一緒にご参加ください。

    申し込み方法

    往復はがきに「チリモン教室参加」と明記のうえ、参加人数(大人・子供)と希望する時間帯の講座の回次(第3希望まで)・申込代表者の氏名・住所・連絡先(電話番号)を記入の上、下記あて先に郵送してください。

    1講座5組で実施しますので、先着順で受講回次を指定して返信します。

    往復はがきの様式は別紙資料を参考にしてください。(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    申し込みあて先

    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        静岡県水産技術研究所 総務課

    申し込み期間

    平成28年7月29日(金曜日)まで(当日消印有効)

    持ち物

    受講証(往復はがきの返信はがき)

    ※ルーペ、ピンセット、筆記用具等は研究所で用意します。

     

    (参考)「チリメンモンスター」とは

    シラス干しやちりめんじゃこには、様々な海の生き物の稚魚や幼生が混入しており、これらを「チリメンモンスター」と呼んでいます。この名称は、大阪のきしわだ自然博物館が2004年の夏休みイベントで用いたらしく、その後、子供たちの間でチリモン探しがブームとなりました。

     

    追記

    沿岸沖合漁業指導調査船駿河丸では乗組員が船内を案内し、航海計器や調査機器等を説明します。

    また、展示室は通常通り開館しております。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2015年7月3日)

    第59回水産加工技術セミナーのご案内

    72名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化など、本県水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、皆様の事業の一助となることを期待して、機能性表示食品制度に関する講演を中心に、下記のとおり開催いたします。

    開催日時:

    平成27年7月2日(木) 13時30分〜16時30分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所 3階大会議室(焼津市小川3690)

    案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    内容及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    水産技術研究所研究員による研究報告
    • かつお節に不適な多脂カツオの利用技術の検討    上席研究員  鈴木 進二
    • 海藻分解細菌の探索                       上席研究員  望月万美子    
    講演1 水産物に含まれる機能性素材の可能性〜EPA・DHAについて
    • 講師: 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構  野菜茶業研究所 白井 展也 氏

    講演2 機能性表示食品制度の概要とフーズ・サイエンスセンターの取組み
    • 講師: (公財)静岡県産業振興財団フーズ・サイエンスセンター             中久喜輝夫 氏
    参加費:

    無料 ※筆記用具をご持参ください。

    定員:

    100名

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メール seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jpにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    展示室についてのご案内

    (お知らせ日:2015年4月27日)

    展示室に関するご案内(現在、ウミガメをご覧いただくことができません)

    展示室内にあるウミガメ用の水槽に不具合が生じたため、ウミガメを別の場所に移動しました。

    マダイやイシダイなどの魚類は、引続きご覧いただけます。

    なお、開館時間の変更はありません。平日の8時30分〜17時まで無料で公開しています。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

     

     

    お問合せ先

    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815,1816,1817,1818    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp