静岡県水産技術研究所


水産技術研究所からのお知らせ

水産加工技術セミナーのご案内

(お知らせ日:2016年7月7日)

第61回水産加工技術セミナーのご案内

本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

しかしながら、輸入製品や他産地との競争激化、消費者嗜好や流通環境の変化、高齢化が進むマーケットなど、新たな対応が求められる課題も多くなっております。

そこで県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

今回のセミナーは、水産物の美味しさの特性や、学校給食に求められる食品とはどのようなものなのか、皆様の事業の一助となることを期待して、下記のとおり開催いたします。

 

開催日時:

平成28年7月27日(水)13時30分〜16時30分

開催場所:

焼津公民館大集会室(焼津市役所アトレ庁舎3階)

(静岡県焼津市本町5-6-1)

地図はこちらからご覧ください

内容及び講師:

詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

水産技術研究所研究員による研究報告(13時35分〜14時05分)
  • 「深海の高級魚キンメダイの魅力」 上席研究員  小泉 鏡子

    深海に棲む高級魚キンメダイ。これまで知られていなかったキンメダイの栄養成分の特徴とは?

    脱血処理によってキンメダイの品質はどのように変わる?など、これまでの研究成果についてご紹介します。

 

  • 「マグロを軟らかくする県産農産物!」 主任研究員 山ア 資之

    一般的に赤身魚肉は、煮るとかたくなってしまいます。畜肉では、パイナップル等の農産物と一緒に煮込むと軟らかくなることがしられています。

    このような調理方法が魚肉に応用できないか、マグロと県産農産物を使って試したので、その結果を紹介します。

 

  • 「新たなウナギの食文化の創造を目指して」   研究員 倉石 祐
  •     酵母や乳酸菌で発酵すると、「牛乳からチーズ」のように新たな食品が産まれます。

        発酵により、芳醇で旨みの増した魚肉の開発をめざしています。

     

  • 「豆腐?ヨーグルト?」  研究統括監  青木 一永
  •     貴重なウナギの資源を保護しつつ、ウナギの食文化も守りたい。そのために、従来の蒲焼きサイズではなく、

        大型ウナギを使用した蒲焼き以外の新しい食文化の創造に向けた取り組みをご紹介します。

     

    講演1 「水産物の美味しさと冷凍・解凍技術」 (14時05分〜15時05分)
    • (独)水産研究・教育機構 村田 裕子 先生

        水産物の品質で重要な美味しさ(味)の特性や呈味成分について紹介します。

        また、水産物の品質を保持する冷凍・解凍技術について紹介します。

    講演2 「学校給食用食品の選定について」(15時20分〜16時20分)

    • 講師: (公財)静岡県学校給食会 八木 浩光 先生

    現在の学校給食は、戦後における栄養摂取主体の時代から、望ましい食習慣の形成や食育の推進等も重要視されるようになりました。

    今の学校給食に求められる食品とは何か、その選定方法等をご紹介します。

    参加費:

    無料 

    定員:

    200名

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAXまたは郵送にてお申し込み下さい。

    申し込み先

    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690 静岡県水産技術研究所 開発加工科

    FAX:054-629-7350または FAX:054-627-3084

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    インターネット回線工事によるホームページ更新の一時中断のお知らせ

    (お知らせ日:2015年12月9日)

    インターネット回線工事によるホームページ更新の一時中断のお知らせ

    平成27年12月22日(火曜日) 00時〜05時の間、インターネット回線工事のため、水産技術研究所ホームページの更新作業が50分程度一時中断されます。

    お手数ですが、上記時間帯を避けてアクセスしていただきますようお願いします。

     

    インターネット回線工事予定日時

    平成27年12月22日(火曜日)00時から05時の間の50分程度

     

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2015年11月6日)(更新日:2015年11月27日)

    水産研究発表会 おさかな最前線!

    72名に参加していただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    静岡県における水産研究の最新情報を、水産技術研究所の研究員がわかりやすく紹介します。!

    多くの皆様の参加をお待ちしています。

     

    主催:

    静岡県水産技術研究所

    開催日時:

    平成27年11月27日(金曜日)13時00分〜16時00分

    開催場所:

    焼津公民館大集会室(焼津市本町5-6-1アトレ焼津3階) 地図はこちらからご覧ください

    発表内容:
    漁場予測図の作成作業
    漁場予測図の作成作業
    分解細菌による寒天の溶解
    分解細菌による寒天の溶解
    サガラメの移植作業
    サガラメの移植作業
    漁獲されたマダイ放流漁
    漁獲されたマダイ放流漁
    浜名湖におけるアサリ選別
    浜名湖におけるアサリ選別
    低魚粉成長系統のニジマス
    低魚粉成長系統のニジマス
    1 . 人工衛星を使ってカツオ漁場を予測する

    広い海でカツオの群れを追う遠洋漁業にとって、いかに効率よく魚群を見つけるかは大きな課題です。近年、人工衛星から得られる水温や海流等の情報と過去の漁場データからカツオの漁場予測ができるようになりました。今回はこの予測の仕組みについて紹介します。

    2 . 海藻資源を宝の山に

    海藻に含まれるアルギン酸や寒天などの有用成分は、微生物の持つ分解酵素を使って分解し、まったく別のものに変えることで醗酵原料など利用用途が広がります。分解が難しい海藻を効率よく分解する酵素を持つ微生物を探しています。

    3 . 磯焼け最前線 〜地域特産サガラメの復活を目指して〜

    磯焼けにより消失した榛南地域の海藻群落(藻場)は、藻場造成によりカジメ群落は165haまで回復し、住み家とする稚魚やアワビ等も戻ってきました。現在は榛南地域特産で食用として重要なサガラメ群落の回復に向けて研究を進めているところです。

    4 . マダイは増えたのか? 〜放流の効果を探る〜

    栽培漁業の先駆的な存在として、マダイの稚魚放流が昭和50年代から研究開発されてきました。現在では、100万尾余りを放流する事業として実施されています。放流によってマダイの資源はどのように変化したのでしょうか?いくつかの指標から探ってみました。

    5 . 浜名湖のアサリを守るために

    浜名湖のアサリが減少すると、漁業者だけでなく一般県民の皆さんにとっても潮干狩りの中止など深刻な問題となります。そこで「現在の資源量」から「1ヶ月後の資源量」を予測する技術を開発することで、アサリを守りながら適切な量を利用できるようになります。

    6 . ベジタリアンなニジマスを探せ!

    ニジマスは肉食性で、養殖にはイワシの粉(魚粉)を主原料とした餌を与えます。しかし、この魚粉の価格は経営を圧迫するほど近年高騰しています。魚粉の代替として安価な植物原料を主原料とした餌の開発と、植物原料でも良く育つニジマスを育成しています。

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    参加費:

    無料

    申込方法:

    住所、氏名、職業を、下記のあて先まで、はがき、FAX、または、電子メールでお知らせください。住所は次回の開催案内の発送に使用します。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    水産技術研究所 開発加工科:   〒425-0032 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818     FAX:054-627-3084   E-mail:suigi-kaihatsu@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    ウォットの指定管理者の募集について

    (お知らせ日:2015年9月4日)

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(ウォット)の次期指定管理者を募集します。

    募集は終了しました。ありがとうございました。

    県が設置した「静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設」(愛称:ウォット)では、今年度末で現在の指定管理者の指定管理期間が終了するため、次期指定管理者を募集します。

    募集の概要
    1 対象施設

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(浜松市西区舞阪町弁天島5005-1)

    2 指定期間

    平成28年4月1日から平成33年3月31日まで(5年間)

    3 募集要項の配布

    配布期間:平成27年9月7日(月)から9月30日(水)

    配布場所:静岡県水産技術研究所(焼津市小川3690)、静岡県水産技術研究所浜名湖分場(浜松市西区舞阪町弁天島5005-1)

    ※募集要項は県のホームページからでもご覧になれます。(http://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-030a/4-7.html) (クリックすると別ウインドウで開きます)

    4 現地説明会

    平成27年9月15日(火)午後1時30分から

    場所 静岡県水産技術研究所浜名湖分場 2階研修室

    5 申請の受付

    平成27年9月24日(木)から平成27年10月2日(金)

    施設の概要

    水産資源、自然環境等に親しむ機会の提供を通じて、浜名湖に対する理解を深めることを目的に、平成12年8月に開館した。平成17年度から指定管理者制度を導入している。

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(ウォット)へのリンク (クリックすると別ウインドウが開きます)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033  静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    インターネット回線工事によるホームページ更新の一時中断のお知らせ

    (お知らせ日:2015年8月5日)

    インターネット回線工事によるホームページ更新の一時中断のお知らせ

    平成27年8月20日(木曜日) 13時〜15時の間、インターネット回線工事のため、水産技術研究所ホームページの更新作業が50分程度一時中断されます。

    お手数ですが、上記時間帯を避けてアクセスしていただきますようお願いします。

     

    インターネット回線工事予定日時

    平成27年8月20日(木曜日)13時から15時の間の50分程度

     

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2016年7月1日) 

    チリモン教室開催のお知らせ 〜研究員と一緒にチリメンモンスターを見つけよう!〜

    チリモン教室
    チリメン
    チリモン

    「県民の日」に関連するイベントとして、水産技術研究所では県民の皆様に魚介類に関する知識や水産業に対する理解を深めていただくため、主に子供たちを対象とした体験学習講座「チリモン教室」を8月19日(金)に開催します。

    しらす干し(チリメンジャコ)に混じっている他の魚介類の稚魚や幼生(チリメンモンスター:略称「チリモン」)をルーペやピンセットを使って探し出し、図鑑で名前を調べます。また、探し出したチリモンをカードに貼り付けて、研究員の認定を受けます。

    事前に申し込みが必要ですので、以下の申し込み方法に沿って往復はがきを水産技術研究所まで郵送してください。

    開催日

    平成28年8月19日(金曜日) 

    会場

    静岡県水産技術研究所 (焼津市小川3690)

    案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    料金

    無料

    開催時間

    50分間程度の講座です。ご希望の時間帯でお申し込み下さい。

    回次時間帯
    第1回10時00分から10時50分
    第2回11時00分から11時50分
    第3回13時00分から13時50分
    第4回14時00分から14時50分
    第5回15時00分から15時50分
    募集定員

    25組(1組あたり2〜3人程度):講座1回あたり5組

    募集対象

    主に小学生とその家族。友達や家族と一緒にご参加ください。

    申し込み方法

    往復はがきに「チリモン教室参加」と明記のうえ、参加人数(大人・子供)と希望する時間帯の講座の回次(第3希望まで)・申込代表者の氏名・住所・連絡先(電話番号)を記入の上、下記あて先に郵送してください。

    1講座5組で実施しますので、先着順で受講回次を指定して返信します。

    往復はがきの様式は別紙資料を参考にしてください。(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    申し込みあて先

    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        静岡県水産技術研究所 総務課

    申し込み期間

    平成28年7月29日(金曜日)まで(当日消印有効)

    持ち物

    受講証(往復はがきの返信はがき)

    ※ルーペ、ピンセット、筆記用具等は研究所で用意します。

     

    (参考)「チリメンモンスター」とは

    シラス干しやちりめんじゃこには、様々な海の生き物の稚魚や幼生が混入しており、これらを「チリメンモンスター」と呼んでいます。この名称は、大阪のきしわだ自然博物館が2004年の夏休みイベントで用いたらしく、その後、子供たちの間でチリモン探しがブームとなりました。

     

    追記

    沿岸沖合漁業指導調査船駿河丸では乗組員が船内を案内し、航海計器や調査機器等を説明します。

    また、展示室は通常通り開館しております。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2015年7月3日)

    第59回水産加工技術セミナーのご案内

    72名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化など、本県水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、皆様の事業の一助となることを期待して、機能性表示食品制度に関する講演を中心に、下記のとおり開催いたします。

    開催日時:

    平成27年7月2日(木) 13時30分〜16時30分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所 3階大会議室(焼津市小川3690)

    案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    内容及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    水産技術研究所研究員による研究報告
    • かつお節に不適な多脂カツオの利用技術の検討    上席研究員  鈴木 進二
    • 海藻分解細菌の探索                       上席研究員  望月万美子    
    講演1 水産物に含まれる機能性素材の可能性〜EPA・DHAについて
    • 講師: 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構  野菜茶業研究所 白井 展也 氏

    講演2 機能性表示食品制度の概要とフーズ・サイエンスセンターの取組み
    • 講師: (公財)静岡県産業振興財団フーズ・サイエンスセンター             中久喜輝夫 氏
    参加費:

    無料 ※筆記用具をご持参ください。

    定員:

    100名

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メール seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jpにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    展示室についてのご案内

    (お知らせ日:2015年4月27日)

    展示室に関するご案内(現在、ウミガメをご覧いただくことができません)

    展示室内にあるウミガメ用の水槽に不具合が生じたため、ウミガメを別の場所に移動しました。

    マダイやイシダイなどの魚類は、引続きご覧いただけます。

    なお、開館時間の変更はありません。平日の8時30分〜17時まで無料で公開しています。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    展示室についてのご案内

    (お知らせ日:2015年2月2日)

    展示室臨時休館のご案内

    当所では静岡県の漁業や水産加工業の紹介を目的として、展示室を無料公開していますが、今回、外壁修理のため、平成27年2月4日(水曜日)は休館をいたします。

    休館が決まっているのは2月4日だけですが、今後の工事の進展により、何日か休館する予定です。

    他日の休館が決まりましたら、再度このページでご案内いたします。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。

     

    休館日時:

    平成27年2月4日(水曜日)終日

     

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2015年1月9日)

    第58回水産加工技術セミナーのご案内

    -

    46名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化など、本県水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、消費者の関心も高い品質・衛生管理について、生産段階から加工業まで水産業界全体を網羅する内容で、下記のとおり開催いたします。

     

    開催日時:

    平成27年2月3日(火)13時15分〜16時30分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所 3階大会議室(焼津市小川3690)

    案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    内容及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    「産地市場の品質・衛生管理」について
    • 講師: 一般社団法人海洋水産システム協会 顧問 長島 徳雄 氏(日本水産缶詰輸出水産業組合・日本水産缶詰工業協同組合 専務理事)
    • 講師: 一般社団法人海洋水産システム協会 登録専門家 山内 和夫 氏
    • 講師: 一般社団法人海洋水産システム協会 主任技師 岡野利之 氏(技術士:水産)

     

    近年、水産物市場が国際化し、国産水産物は、品質・衛生管理が施された輸入水産物との競争を余儀なくされています。また、消費者の食の安全・安心に対するニーズの高まりに対して、水産業界としての取り組みが求められています。産地における品質・衛生管理の向上に持続的に取り組むことが、今後ますます重要になってくると考えられます。今回の講習会では、産地市場を中心として生産段階から加工段階に通じる一般的衛生管理を中心に、お話したいと思います。

    参加費:

    無料 ※筆記用具をご持参ください。

    定員:

    80名

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メール seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jpにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    共催:

    静岡県・静岡県水産加工業協同組合連合会・国産水産物流通促進センター

    後援:

    静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2014年10月7日)(更新日:2014年11月28日)

    水産研究発表会 おさかな最前線! 〜今、水産資源が熱い!〜

    71名に参加していただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    絶滅危惧種指定で注目されているニホンウナギ、ブームとなった深海魚、わかっているようで実はよくわからない、これら水産資源の実像に迫る研究の最前線を熱く語ります!

    一般の方々にも分かりやすく紹介しますので、多くの皆様の参加をお待ちしています。

     

    主催:

    静岡県水産技術研究所

    開催日時:

    平成26年11月28日(金曜日)13時00分〜16時00分

    開催場所:

    焼津公民館大集会室(焼津市本町5-6-1アトレ焼津3階) 地図はこちらからご覧ください

    発表内容:
    <特集1> 駿河湾の未利用魚を食卓に 〜未利用魚活用プロジェクト〜

    子供(シラス)の頃は大もて売れっ子でも大人になると見向きもされない魚「カタクチイワシ」と一般には存在すら知られていない深海魚「ハダカイワシ」。「イワシ」と名が付く二つの未利用魚に焦点を当て、新たな静岡の魅力を創出することを目指した研究です。

    ハダカイワシ
    ハダカイワシ
    アワビの稚貝
    アワビの稚貝
    浜名湖産天然ウナギ
    浜名湖産天然ウナギ
    伊東の河川で採捕したウナギ
    伊東の河川で採捕したウナギ
    1−1 駿河湾に潜む未利用資源 〜ハダカイワシ〜

    日本一深い駿河湾。そこには私達が普段目にすることの無い魚たちが棲んでいます。その中でも有望なハダカイワシについて、その種類や特徴など知られざる実像に迫ります。

    1−2 未利用魚から美味しいエキスを取る方法!

    そのままでは食べにくい、カタクチイワシやハダカイワシのような脂のある小さな魚から美味しいエキスを効率よく抽出する、画期的な方法を開発し、食卓に届けます。

    2 アワビ稚貝の住み場所を探せ!

    高級食材のアワビ、近年水揚げが減り続け、資源の回復が思わしくありません。そこで、資源のもととなる稚貝の好む生息条件を研究し、磯にアワビを増やす方法に役立てます。

    <特集2> ニホンウナギを護るために
    3−1 浜名湖で親ウナギを探せ!

    ニホンウナギの国際自然保護連合レッドリストへの記載は、大きなニュースとなりました。その資源を護るためには親ウナギの保護が重要です。そこで、浜名湖の天然ウナギを調査し、親ウナギの生態を解明します。

    3−2 ウナギの“寝床”を調査する!?

    身近な食材であるウナギが川で生活することは知られていますが、その生態はまだまだ謎が多く残されています。そこで、伊東の小河川で捕れたウナギに番号(標識)をつけて放流することにより、川での成長や住み処などを明らかにします。

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    参加費:

    無料

    申込方法:

    住所、氏名、職業を、下記のあて先まで、はがき、FAX、または、電子メールでお知らせください。住所は次回の開催案内の発送に使用します。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    水産技術研究所 深層水科:    〒425-0032 静岡県焼津市鰯ケ島136-24 駿河湾深層水水産利用施設
        電話番号:054-620-8911    FAX:054-629-1255    E-mail:suigi-sinsousui@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2014年8月8日)(更新日:2013年8月25日)

    「焼津の深海おじさん」による深海ザメ解体ショーのお知らせ

    〜イベントは終了しました。多数のご参加ありがとうございました〜

    長兼丸
    ヨロイザメ

    TVでも活躍されている「焼津の深海おじさん」こと長谷川久志さんをナビゲーターにお迎えして、「日本一深い湾 −駿河湾の神秘−」と題して深海ザメ解体ショーと深海魚のお話を開催いたします。

    普段お目にかかることのない深海ザメを豪快にさばく様子と、長谷川さんの軽快なお話をぜひ楽しんでください。

    水産技術研究所の県民の日イベントとして開催します。参加費や事前申し込みは不要です。

    ナビゲーター

    「長兼丸」 長谷川久志 氏

    開催日時

    平成26年8月21日(木曜日) 13時から14時

    開催場所

    小川魚市場


    より大きな地図で 小川魚市場 を表示

     

    内容
    • 駿河湾で獲れたヨロイザメ(予定)を解体します。
    • 日本一深い湾である駿河湾の深海魚についてお話いただきます。
    参加費

    無料

     

    事前の申込み等はございません。どなたでもご自由にご参加ください。

    座席は用意しませんので、各自でレジャーマット等をご用意ください。

    プログラムはこちらです (pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

     

    追記

    同日、近くの水産技術研究所内で展示室の公開を、魚市場横の小川港岸壁で調査船駿河丸の公開を実施しています。こちらも事前申し込みは必要ありません。

    詳細はこの下の「水産技術研究所一般公開」の記事をご覧ください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2014年6月30日)

    第57回水産加工技術セミナーのご案内

    85名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化など、本県の水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、食卓でお馴染み「海苔」の新たな利用法と、生協での商品開発など、皆様の事業の一助となることを期待して、下記のとおり開催いたします。

     

    開催日時:

    平成26年7月22日(火)13時15分〜16時30分

    開催場所:

    焼津公民館大集会室(焼津市役所アトレ庁舎3階)  ((静岡県焼津市本町5-6-1)

    *従前の水産技術研究所会議室ではありませんので、御注意ください。

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    水産技術研究所研究員による研究報告
    1. 煮干しと煮干エキスの臭い成分について :上席研究員 小泉鏡子
    2. 当所で新たに導入した「電子スモーク装置」の紹介 :上席研究員 鈴木進二
    3. 未利用深海魚の商品開発 :研究員 鈴木勇己
    講演1

    「水産物機能性素材の研究:海苔の機能成分」 :(独)水産総合研究センター 石原賢司先生

    講演2

    「最近の消費者ニーズとCOOP の商品開発〜魚介類を中心に」 :生活協同組合ユーコープ 石原淳先生

    その他

    静岡県経済産業部水産業局水産振興課からの情報提供

    参加費:

    無料

    定員:

    200名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メール seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jpにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2014年6月27日) (更新日:2013年8月25日)

    チリモン教室開催のお知らせ 〜研究員と一緒にチリメンモンスターを見つけよう!〜

    〜募集を終了しました。多数のご応募をありがとうございました〜

    〜イベントは終了しました。ご参加ありがとうございました〜

    チリモン教室
    チリメン
    チリモン

    8月21日の「県民の日」に関連するイベントとして、水産技術研究所では県民の皆様に魚介類に関する知識や水産業に対する理解を深めていただくため、主に子供たちを対象とした体験学習講座「チリモン教室」を開催します。

    しらす干し(チリメンジャコ)に混じっている他の魚介類の稚魚や幼生(チリメンモンスター:略称「チリモン」)をルーペやピンセットを使って探し出し、図鑑で名前を調べます。また、探し出したチリモンをカードに貼り付けて、研究員の認定を受けます。

    事前に申し込みが必要ですので、以下の申し込み方法を参考にお申し込み下さい。

    開催日

    平成26年8月21日(木曜日)

    会場

    静岡県水産技術研究所 (焼津市小川3690)

    案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    料金

    無料

    開催時間

    50分間程度の講座です。ご希望の時間帯でお申し込み下さい。

    回次時間帯
    第1回10時00分から10時50分
    第2回11時00分から11時50分
    第3回13時00分から13時50分
    第4回14時00分から14時50分
    第5回15時00分から15時50分
    募集定員

    25組(1組あたり2〜4人程度):講座1回あたり5組

    募集対象

    主に小学生とその家族ですが、大人のみの参加も可能です。友達や家族と一緒にご参加ください。

    申し込み方法

    往復はがきに「チリモン教室参加」と明記のうえ、申込代表者の氏名と連絡先(電話番号)、参加人数と希望する時間帯の講座の回次を第3希望まで記入し、下記あて先に郵送してください。

    1講座5組で実施しますので、先着順で受講回次を指定して返信します。

    往復はがきの様式は別紙資料を参考にしてください。(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    申し込みあて先

    静岡県水産技術研究所 総務課:
        〒425-0033 静岡県焼津市小川3690

    申し込み期間

    平成26年7月1日(火曜日)から7月31日(木曜日)まで(当日消印有効)

    持ち物

    受講証(往復はがきの返信はがき)

    ※ルーペ、ピンセット、筆記用具等は研究所で用意します。

     

    (参考)「チリメンモンスター」とは

    シラス干しやちりめんじゃこには、様々な海の生き物の稚魚や幼生が混入しており、これらを「チリメンモンスター」と呼んでいます。この名称は、大阪のきしわだ自然博物館が2004年の夏休みイベントで用いたらしく、その後、子供たちの間でチリモン探しがブームとなりました。

     

    このチリモン教室は静岡科学館る・く・るの「しずおか科学技術月間」に参画しています。募集要項については@S(アットエス)のサイトにも掲載しています。(新しいウィンドウが開きます)

     

    追記

    同日、水産技術研究所内で展示室の公開を、近くの小川港岸壁で調査船駿河丸の公開を実施しています。こちらは事前申し込みは必要ありません。

    詳細はこの下の「水産技術研究所一般公開」の記事をご覧ください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2014年6月27日)(更新日:2014年8月25日)

    水産技術研究所一般公開のお知らせ

    〜イベントは終了しました。多数のご参加ありがとうございました〜

    駿河丸
    駿河丸後ろ

    明治9年8月21日に当時の「静岡県」と「浜松県」が合併して今の静岡県が誕生しました。水産技術研究所ではそれを記念して、8月21日に展示室や駿河丸を一般公開を行います。特に調査船の中をみることは通常できませんので、この機会にぜひ御覧ください。

    開催日

    平成26年8月21日(木曜日)

    内容
    開催時間
    • 展示室の公開時間は8時30分〜16時00分です。
    • 駿河丸の船内公開時間は10時〜15時です。
    開催場所
    • 展示室公開は、静岡県水産技術研究所(焼津市小川3690)で行います。
    • 駿河丸の船内公開は小川港汐入西岸壁(焼津市小川地先)で行います。

    地図はこちらからご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

     

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご参加ください。

     

    追記

    同日、水産技術研究所内で「チリモン教室」も実施しています。こちらは事前の申し込みが必要です。

    詳細はこの上の「チリモン教室の開催」の記事をご覧ください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「駿河丸」の一般公開

    (お知らせ日:2014年4月8日)

    沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の一般公開のご案内

    無事終了しました。ありがとうございました。

    駿河丸

    恒例の「焼津みなとまつり」にあわせて、本研究所の調査船「駿河丸」の船内を一般公開します。船内を見ることは通常できませんので、この機会にぜひ御覧ください。

    開催日

    平成26年4月13日(日)

    公開時間

    午前10時から午後2時まで

    場所

    焼津内港(旧魚市場)西岸壁


    大きな地図で見る

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご見学ください。

    第60回焼津みなとまつりについては静岡新聞SBSサイト「アットエスしずおか」内の紹介ページををご覧下さい。

    焼津みなとまつりに関するお問い合わせは、焼津みなとまつり実行委員会(事務局:焼津商工会議所)へお願いします。(電話 054-628-6252)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2014年1月20日)

    第56回水産加工技術セミナーのご案内

    55名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化など、本県の水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、世界に通用する水産業界となるために必要な「衛生管理」と、「海外展開」について最新情報をお届けします。

     

    開催日時:

    平成26年2月14日(金)13時15分〜16時30分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所 3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    講演1

    「水産食品加工施設におけるこれからの衛生管理:世界に通用する考え方」 :東海大学海洋学部 荒木惠美子 先生

    水産技術研究所研究員による研究報告
    1. かつお節製造工程の効率化 :上席研究員 鈴木 進二
    2. 打上げ海藻の利用法〜未利用海藻の利用に向けて〜 :主任研究員 望月万美子
    3. 深海魚を食卓に〜未利用魚の流通・加工特性の解明〜 :研究員 鈴木 勇己
    4. 熱帯産異種ウナギに最適な加工方法とは? :研究員 門奈 憲弘
    講演2

    「日本の水産物輸出の現状と海外市場の展望」 :日本貿易振興機構(JETRO)農林水産・食品部 下村 聡 先生

    参加費:

    無料

    定員:

    80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メール seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jpにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    なお、受付の御連絡はいたしませんのでご承知ください。満席で席が無い場合のみ、水産技術研究所から御連絡させていただきます。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    「駿河丸」の一般公開

    (お知らせ日:2013年10月3日)

    沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の一般公開のご案内

    無事終了しました。ありがとうございました。

    駿河丸

    恒例の「小川港さば祭り」にあわせて、本研究所の調査船「駿河丸」の船内を一般公開します。船内を見ることは通常できませんので、この機会にぜひ御覧ください。

    乗組員が船内を案内しながら、機関や計器類について説明します。

     

    開催日

    平成25年11月2日(土)

    公開時間

    午前9時から午後2時まで

    場所

    小川港外港(焼津市小川3392-9)


    より大きな地図で 小川港さば祭り駿河丸位置 を表示

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご見学ください。

     

    第8回小川港さば祭りについては小川魚市場サイト内のお知らせページををご覧下さい。

    小川港さば祭りに関するお問い合わせは、小川漁業協同組合へお願いします。(電話 054-624-8130)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2013年10月1日)

    ― 魚を科学する ―  水産研究発表会

    75名に参加していただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    静岡県水産技術研究所では、駿河湾など豊かな自然のもとに営まれている本県の漁業、養殖業、水産加工業等を振興するため、焼津市にある本所、伊豆分場、浜名湖分場、富士養鱒場において、様々な試験研究を行っています。

    この研究成果の一部について、一般の方々にも分かりやすく紹介しますので、多くの皆様の参加をお待ちしています。

    なお、今回は会場を「焼津公民館」にいたしました。例年と異なりますので、ご注意ください。

     

    主催:

    静岡県水産技術研究所

    開催日時:

    平成25年11月29日(金曜日)13時00分〜16時00分

    開催場所:

    焼津公民館大集会室(焼津市本町5-6-1アトレ焼津3階) 地図はこちらからご覧ください

    例年と会場が異なりますので、ご注意ください。

    発表内容:
    1. 駿河湾のタチウオの謎に迫る
       銀色に輝く魚体のタチウオは、本県では駿河湾で多く漁獲されていますが、その生態の多くはこれまで謎に包まれていました。今回は、最近の研究で明らかになった駿河湾のタチウオの移動回遊等について紹介します。
    2. 新たな発想で効率的にかつお節を作る
       「かつお節」は、我が国が世界に誇る伝統的な調味素材です。近年の食生活の変化によってその使われ方も変化しています。しかしその製造法は今も昔からの方法が使われています。今回は、かつお節の効率的な製造法に関する研究について紹介します。
    3. 生物の“多様性”に配慮した放流で豊かな海を
       本県におけるマダイの放流は毎年約100万尾です。漁業や遊漁で獲られているうちの30%程度が放流によるものといわれています。より天然に近い「遺伝的多様性」に富んだ人工種苗を生産・放流していくための研究について紹介します。
    4. “ガラモ場”今昔物語2 〜ガラモ場維持の試み〜
       ホンダワラ類が作る“ガラモ場”の衰退が、県内で見られています。その原因となっているウニを除去し、海藻の種を供給することで“ガラモ場”の回復がみられました。今回は回復したガラモ場を維持する方法について紹介します。
    5. 放流もののクルマエビを探しだせ!!
       浜名湖産クルマエビは、寿司や天麩羅のタネとして人気のある高級食材です。その資源を維持するために、種苗放流が行われています。漁獲量に占める放流エビの割合を遺伝子解析技術により調査していますので、その研究について紹介します。
    6. アユが釣れれば静岡が儲かる!?
       静岡県の河川には全国各地から沢山のアユ遊漁者が訪れますが、彼らがもたらす経済波及効果は明らかにされていませんでした。そこで、興津川で調査を行い、アユ釣りが地域経済に貢献することを確認すると共に、遊漁者を増やすために何が必要かを検討したのでご紹介します。

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    参加費:

    無料

    申込方法:

    住所、名前、電話番号、職業を、下記のあて先まで、はがき、FAX、または、電子メールでお知らせください。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    駿河湾深層水利用施設 深層水科:    〒425-0032 静岡県焼津市鰯ケ島136-24
        電話番号:054-620-8911    FAX:054-629-1255    E-mail:suigi-sinsousui@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2013年6月28日)

    第55回水産加工技術セミナーのご案内

    98名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化など、本県の水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、巷で話題の「缶詰」について、その人気の秘密や活用事例などに関するお話と、ハーブのおりなす世界や、水産加工品へのハーブ利用についてお話をお聞きいただき、理解を深めていただく機会として、下記のとおり開催いたします。

     

    開催日時:

    平成25年7月12日(金)13時15分〜16時15分

    開催場所:

    焼津市焼津文化会館(焼津市文化センター内) 小ホール (静岡県焼津市三ヶ名1550 番地)

    *従前の水産技術研究所会議室ではありませんので、御注意ください。

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    水産技術研究所研究員による研究報告
    1. 静岡県周辺に生息するハダカイワシ科魚類の脂質成分について :小泉鏡子
    2. あじ開き干しに使用する塩汁から得られる加熱凝固物の食品素材化 :隈部千鶴
    3. キンメダイの水揚げ日本一の下田から、日本初の缶詰が登場 :高瀬進
    講演1

    「缶詰は最強のPR ツール」 :缶詰博士 黒川勇人先生

    講演2

    「水産物へのハーブ利用について」 :有限会社落合ハーブ園 落合正浩先生、沼津工業高等専門学校物質工学科 後藤孝信先生

    参加費:

    無料

    定員:

    200名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メール seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jpにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2013年6月17日) (更新日:2013年8月1日)

    チリモン教室開催のお知らせ 〜研究員と一緒にチリメンモンスターを見つけよう!〜

    〜募集を終了しました。多数のご応募をありがとうございました〜

    〜イベントは終了しました。59名のご参加ありがとうございました〜

    チリモン教室
    チリメン
    チリモン

    8月21日の「県民の日」に関連するイベントとして、水産技術研究所では県民の皆様に魚介類に関する知識や水産業に対する理解を深めていただくため、主に子供たちを対象とした体験学習講座「チリモン教室」を開催します。

    しらす干し(チリメンジャコ)に混じっている他の魚介類の稚魚や幼生(チリメンモンスター:略称「チリモン」)をルーペやピンセットを使って探し出し、図鑑で名前を調べます。また、探し出したチリモンをカードに貼り付けて、研究員の認定を受けます。

    事前に申し込みが必要ですので、以下の申し込み方法を参考にお申し込み下さい。

    開催日

    平成25年8月21日(水曜日)

    会場

    静岡県水産技術研究所 (焼津市小川3690)

    案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    料金

    無料

    開催時間

    50分間程度の講座です。ご希望の時間帯でお申し込み下さい。

    回次時間帯
    第1回10時00分から10時50分
    第2回11時00分から11時50分
    第3回13時00分から13時50分
    第4回14時00分から14時50分
    第5回15時00分から15時50分
    募集定員

    25組(1組あたり2〜4人程度):講座1回あたり5組

    募集対象

    主に小学生とその家族(大人のみも可)

    申し込み方法

    募集を終了しました。多数のご応募をありがとうございました。

    往復はがきに「チリモン教室参加」と明記のうえ、申込代表者の氏名と連絡先(電話番号)、参加人数と希望する時間帯の講座の回次を第3希望まで記入し、下記あて先に郵送してください。

    1講座5組で実施しますので、先着順で受講回次を指定して返信します。

    往復はがきの様式は別紙資料を参考にしてください。(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    申し込みあて先

    静岡県水産技術研究所 総務課:
        〒425-0033 静岡県焼津市小川3690

    申し込み期間

    平成25年7月1日(月曜日)から7月31日(水曜日)必着 −申込期間はを終了しました。

     

    (参考)「チリメンモンスター」とは

    シラス干しやちりめんじゃこには、様々な海の生き物の稚魚や幼生が混入しており、これらを「チリメンモンスター」と呼んでいます。この名称は、大阪のきしわだ自然博物館が2004年の夏休みイベントで用いたらしく、その後、子供たちの間でチリモン探しがブームとなりました。

     

    このチリモン教室は静岡科学館る・く・るの「しずおか科学技術月間」に参画しています。募集要項については@S(アットエス)のサイトにも掲載しています。(新しいウィンドウが開きます)

     

    追記

    同日、水産技術研究所内で展示室の公開を、近くの小川港岸壁で調査船駿河丸の公開を実施しています。こちらは事前申し込みは必要ありません。

    詳細はこの下の「水産技術研究所一般公開」の記事をご覧ください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2013年6月17日)

    水産技術研究所一般公開のお知らせ

    〜イベントは終了しました。多数のご参加ありがとうございました〜

    駿河丸
    駿河丸後ろ

    明治9年8月21日に当時の「静岡県」と「浜松県」が合併して今の静岡県が誕生しました。水産技術研究所ではそれを記念して、8月21日に展示室や駿河丸を一般公開を行います。特に調査船中をみることは通常できませんので、この機会にぜひ御覧ください。

    開催日

    平成25年8月21日(水曜日)

    内容
    開催時間
    • 展示室の公開時間は8時30分〜16時30分です。
    • 駿河丸の船内公開時間は10時〜15時です。
    開催場所
    • 展示室公開は、静岡県水産技術研究所(焼津市小川3690)で行います。
    • 駿河丸の船内公開は小川港汐入西岸壁(焼津市小川地先)で行います。

    地図はこちらからご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

     

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご参加ください。

     

    追記

    同日、水産技術研究所内で「チリモン教室」も実施しています。こちらは事前の申し込み制となっています。

    詳細はこの上の「チリモン教室の開催」の記事をご覧ください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「駿河丸」の一般公開

    (お知らせ日:2013年4月8日)

    沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の一般公開のご案内

    無事終了しました。ありがとうございました。

    駿河丸

    恒例の「焼津みなとまつり」にあわせて、本研究所の調査船「駿河丸」の船内を一般公開します。船内を見ることは通常できませんので、この機会にぜひ御覧ください。

    開催日

    平成24年4月14日(日)

    公開時間

    午前10時から午後2時まで

    場所

    焼津内港(旧魚市場)西岸壁


    大きな地図で見る

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご見学ください。

    第59回焼津みなとまつりについては静岡新聞SBSサイト「アットエスしずおか」内の紹介ページををご覧下さい。

    焼津みなとまつりに関するお問い合わせは、焼津みなとまつり実行委員会(事務局:焼津商工会議所)へお願いします。(電話 054-628-6251)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2013年1月30日)

    第54回水産加工技術セミナーのご案内

    84名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県は豊富な水産資源に恵まれ、地域ごとに優れた特色を有した水産物が水揚げされます。また、これらの水産物を利用した水産加工品も数多く製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化など、本県の水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、水産物でたびたび問題となるヒスタミンに関する研究の最新情報や、おいしさと密接に関係する「香り」に関するお話をお聞きいただき、理解を深めていただく機会として、下記のとおり開催いたします。

     

    開催日時:

    平成25年2月26日(火)13時15分〜16時15分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所 3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    水産技術研究所研究員による研究報告
    1. 脱血処理がカツオ・マグロの臭い成分に与える影響 :平塚聖一
    2. 未利用魚の活用による新水産業の創出 :高木毅
    講演1

    「ヒスタミン研究の最前線」 :独立行政法人水産総合研究センター中央水産研究所水産物応用開発研究センター 里見正隆先生

    講演2

    食品における「香料」の役割について」 :高砂香料工業株式会社研究開発本部フレーバー研究所第三部 長橋久哉先生

    参加費:

    無料

    定員:

    80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メール seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jpにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

     

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    沿岸環境関連学会連絡協議会第28回ジョイントシンポジウム

    (お知らせ日:2013年1月9日)

    沿岸環境関連学会連絡協議会 第28回ジョイントシンポジウムが開催されます。

    シンポジウムは終了しました。

    東京で開催される、沿岸環境関連学会連絡協議会 第28回ジョイントシンポジウム「沿岸環境モニタリング、実施・継続には今、何が必要か−学会と公設試:水産試験場との相互関係を考える−」について紹介します。

    本シンポジウムは、実施・継続について厳しい社会情勢に置かれている沿岸環境モニタリングについて、現場実態を踏まえた将来像について考える主旨で開催されます。興味をお持ちの方はこちらの別紙をご参照ください。(他サイト「マリンネット北海道」内のPDFファイルが開きます)

     

    主催:

    沿岸環境関連学会連絡協議会

    共催:

    全国水産試験場長会

    開催日時:

    平成25年2月2日 土曜日 9時30分から17時30分まで

    開催場所:

    東京海洋大学 品川キャンパス白鷹館

    参加費:

    1,000円 資料代として

    お問い合わせ、参加申し込み先:

    別紙資料内のお問い合わせ、参加申し込み先をご参照下さい。

    詳細は別紙を参照ください(他サイト「マリンネット北海道」内のPDFファイルが開きます)

    なお、本シンポジウムに関するお問い合わせ、申込みは、当研究所では受けることができませんので、ご了承下さい。

     

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 普及総括班:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-629-7350    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2012年11月1日)

    ― 魚を科学する ―  水産研究発表会

    65名に参加していただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    静岡県水産技術研究所では、駿河湾など豊かな自然のもとに営まれている本県の漁業、養殖業、水産加工業等を振興するため、焼津市にある本所、伊豆分場、浜名湖分場、富士養鱒場において、様々な試験研究を行っています。

    この研究成果の一部について、一般の方々にも分かりやすく紹介しますので、多くの皆様の参加をお待ちしています。

     

    主催:

    静岡県水産技術研究所

    開催日時:

    平成24年11月30日(金曜日)13時00分〜16時00分(開場は12時30分から)

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室 (焼津市小川3690) 地図はこちらからご覧ください

    発表内容:
    1. “ガラモ場”今昔物語〜ガラモ場回復の試み〜
       ホンダワラ類が作る“ガラモ場”は魚介類の産卵場や生息場となりますが、近年衰退現象が散見され、その原因の一つとして、ウニによる食害が考えられています。今回、ウニの除去と海藻の種(たね)の供給を行うことで、“ガラモ場”の回復を試みましたので、その結果を紹介します。
    2. 魚たちのゆりかご“藻場”をよみがえらせるために
       磯焼けにより消滅したカジメやサガラメの藻場を再生するため、人工種苗の効率的な生産法や的確な移植法に関する研究を重ねた結果、榛南海域ではカジメの藻場が広がりつつあります。現在は、サガラメの藻場再生に係る研究を進めており、その経過について紹介します。
    3. にじます種苗生産技術の向上を目指して
       静岡県のにじます生産量は日本一を誇っており、その養殖種苗のほとんどが富士養鱒漁業協同組合により生産されています。この種苗生産技術の一層の向上を図るため、富士養鱒場が改善した親魚の給餌方法や新しい品種の導入について紹介します。
    4. これからも「ニホンウナギ」が食べられるように
       近年のシラスウナギの不漁は、関係業者や消費者に大きな影響を与えています。本県は、国との連携により、シラスウナギを人工的に大量生産する研究を行っていますので、これまでの研究成果と今後の展望について紹介します。
    5. 人工衛星データからマグロ漁場を探す
       おなじみの油漬け缶詰として、最近では寿司ネタとしても需要の高いビンナガマグロは太平洋で漁獲されます。広大な海での漁場探索は、漁師の経験と勘に頼るところが大きく不安定要素ばかりです。このため、人工衛星等のデータから漁場を予測する技術を開発したので紹介します。
    6. 珍しい深海魚を食卓に!
       小型底引き網漁業では、様々な深海魚が漁獲されますが、その中には食卓に上らない魚が少なくありません。こうした魚の食材としての可能性を探るため、種類や魚肉成分さらには鮮度を調べ、それぞれの魚に適した加工特性を明らかにする研究について紹介します。

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    参加費:

    無料

    申込方法:

    住所、名前、電話番号、職業を、下記のあて先まで、FAX、電話、または、電子メールでお知らせください。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「駿河丸」の一般公開

    (お知らせ日:2012年10月10日)

    沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の一般公開のご案内

    無事終了しました。ありがとうございました。

    駿河丸

    恒例の「小川港さば祭り」にあわせて、本研究所の調査船「駿河丸」の船内を一般公開します。船内を見ることは通常できませんので、この機会にぜひ御覧ください。

    乗組員が船内を案内しながら、機関や計器類について説明します。また、水槽の中を元気に泳ぎ回る活きたサバも展示する予定です。

    開催日

    平成24年10月27日(土)

    公開時間

    午前9時から午後2時まで

    場所

    小川港外港(焼津市小川3392-9)


    より大きな地図で 小川港さば祭り駿河丸位置 を表示

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご見学ください。

     

    第7回小川港さば祭りについては小川魚市場サイト内のお知らせページををご覧下さい。

    小川港さば祭りに関するお問い合わせは、小川漁業協同組合へお願いします。(電話 054-624-8130)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2012年7月5日)

    チリモン教室開催のお知らせ 〜研究員と一緒にチリメンモンスターを見つけよう!〜

    〜イベントは終了しました。多数のご参加ありがとうございました〜

    チリモン教室
    チリメン
    チリモン

    8月21日の「県民の日」に関連するイベントとして、水産技術研究所では主に子供たちを対象とした体験学習講座「チリモン教室」を開催します。

    しらす干し(チリメンジャコ)に混じっている他の魚介類の稚魚や幼生(チリメンモンスター:略称「チリモン」)をルーペやピンセットを使って探し出し、図鑑で名前を調べます。また、探し出したチリモンをカードに貼り付けて、研究員の認定を受けます。

    事前に申し込みが必要ですので、以下の申し込み方法を参考にお申し込み下さい。

    開催日

    平成24年8月21日(火曜日)

    会場

    静岡県水産技術研究所 (焼津市小川3690)

    案内図、アクセス方法はこちらをご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    料金

    無料

    開催時間

    30分間の講座です。ご希望の時間帯でお申し込み下さい。

    午前の部午後の部
    第1回10時から10時30分第5回13時から13時30分
    第2回10時30分から11時第6回13時30分から14時
    第3回11時から11時30分第7回14時から14時30分
    第4回11時30分から12時第8回14時30分から15時
    募集定員

    40組(1組あたり2〜4人程度):講座1回あたり5組

    募集対象

    小学生とその家族

    申し込み方法

    往復はがきに「チリモン教室参加」と明記のうえ、申込代表者の氏名と連絡先(電話番号)、参加人数と希望する時間帯の講座の回次を第3希望まで記入し、下記あて先に郵送してください。

    1講座5組で実施しますので、先着順で受講回次を指定して返信します。

    往復はがきの様式は別紙資料を参考にしてください。(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    FAXでの申し込みも受け付けます。

    申し込みあて先

    静岡県水産技術研究所 総務課:
        〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        FAXの場合 054-627-3084

    申し込み締め切り

    平成24年7月31日(火曜日)必着

     

    (参考)「チリメンモンスター」とは

    シラス干しやちりめんじゃこには、様々な海の生き物の稚魚や幼生が混入しており、これらを「チリメンモンスター」と呼んでいます。この名称は、大阪のきしわだ自然博物館が2004年の夏休みイベントで用いたらしく、その後、子供たちの間でチリモン探しがブームとなりました。

     

    このチリモン教室は静岡科学館る・く・るの「しずおか科学技術月間」に参画しています。募集要項についてはる・く・るのサイトにも掲載しています。(新しいウィンドウが開きます)

     

    追記

    同日、水産技術研究所内で展示室の公開を、近くの小川港岸壁で調査船駿河丸の公開を実施しています。こちらは事前申し込みは必要ありません。

    詳細はこの下の「水産技術研究所一般公開」の記事をご覧ください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2012年7月5日)

    水産技術研究所一般公開のお知らせ

    〜イベントは終了しました。多数のご参加ありがとうございました〜

    駿河丸
    駿河丸後ろ

    明治9年8月21日に当時の「静岡県」と「浜松県」が合併して今の静岡県が誕生しました。水産技術研究所ではそれを記念して、8月21日に展示室や駿河丸を一般公開を行います。特に調査船中をみることは通常できませんので、この機会にぜひ御覧ください。

    開催日

    平成24年8月21日(火曜日)

    内容
    開催時間
    • 展示室の公開時間は8時30分〜16時30分です。
    • 駿河丸の船内公開時間は10時〜16時です。
    開催場所
    • 展示室公開は、静岡県水産技術研究所(焼津市小川3690)で行います。
    • 駿河丸の船内公開は小川港汐入西岸壁(焼津市小川地先)で行います。

    地図はこちらからご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

     

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご参加ください。

     

    追記

    同日、水産技術研究所内で「チリモン教室」も実施しています。こちらは事前の申し込み制となっています。

    詳細はこの上の「チリモン教室の開催」の記事をご覧ください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2012年6月18日)

    第53回水産加工技術セミナーのご案内

    64名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県に水揚げされる水産物は、極めてバラエティに富んでおり、地域ごとに優れた特色を有しております。また、これらの水産物を活用し、地域色豊かな水産加工品が製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化に加え、東日本大震災後の放射性物質の影響など、本県の水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、水産物の「おいしさ」について改めて考えていただくとともに、本年4月に改正された食品中の放射性物質の基準値に関する考え方について理解を深めていただく機会として、下記のとおり開催いたします。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成24年7月11日(水)13時15分〜16時05分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所 3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    水産技術研究所研究員による研究報告
    1. ロイン加工副産物から製造したすり身の品質について :小泉鏡子
    2. カツオ魚肉の消化性、物性を向上させるUD加工技術研究 :山ア資之
    講演1

    「水産物のおいしさ」 :東京海洋大学食品生産科学科准教授 白井隆明先生

    講演2

    「食品中の放射性物質基準値の変更に関する考え方について」 :消費者庁消費者安全課担当官

    参加費:

    無料

    定員:

    80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メールにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    マリンロボの廃止について

    (お知らせ日:2012年5月29日)

    マリンロボ3号・4号ブイの撤去が完了しました。あわせて「しずおかマリンロボシステム」を廃止します。

    マリンロボ取り揚げ

    マリンロボ3号機のブイ取り揚げ

    チェーン取り揚げ

    マリンロボ4号機のアンカーチェーン取り揚げ

    耐用期限の到来に伴い、爪木崎沖のマリンロボ4号ブイを平成24年5月19日に、波勝崎沖のマリンロボ3号ブイを平成24年5月25日に撤去いたしました。

    これをもちまして、全て(4基)の多機能型ブイが撤去されましたので、平成10年8月から運用が始まった「しずおかマリンロボシステム」の情報発信を終了させていただきます。

    長年のご利用ありがとうございました。

     

    なお、沿岸水温情報については、「静岡県の沿岸モニタリング体制」のページや「関東・東海海況速報」のページ、「リアルタイム海洋情報収集解析システム」のページ、「人工衛星NOAA画像」のページで、引き続き提供しています。

     

    ブイの撤去に関するお問い合わせは、県水産振興課 施設整備班へお問い合わせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県経済産業部水産業局 水産振興課 施設整備班:    〒420-8601 静岡県静岡市葵区追手町9-6
        電話番号:054-221-2453    FAX:054-221-3288    E-mail:suisanshinkou@pref.shizuoka.lg.jp

     

    静岡県水産技術研究所 普及総括班:    〒4425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-221-3288    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    マリンロボの廃止について

    (お知らせ日:2012年4月12日)(更新日:2012年5月25日)

    マリンロボ3号ブイ及び4号ブイの撤去としずおかマリンロボシステムの廃止を予定しています。

    マリンロボ写真

    波勝岬沖ブイの位置:
    34°42′27″N
    138°40′01″E

    爪木埼沖ブイの位置:
     34°41′03″N
     139°02′16″E

    (世界測地系)

    マリンロボ3号ブイを平成24年5月25日に撤去しました。

    マリンロボ4号ブイを平成24年5月19日から20日にかけて撤去しました。

    全ての情報提供は終了しました。「しずおかマリンロボシステム」を廃止します。

    本ブイは本県沿岸の水産資源を有効に活用するために、「浮魚礁」としての役割を持ち、様々なデータを自動観測する「しずおかマリンロボシステム」における多機能型ブイとして、3号ブイは平成13年3月から、4号ブイは平成14年4月から運用を開始しましたが、耐用期限に達することから、撤去の運びとなりました。

    現在、この2基で運用されている「しずおかマリンロボシステム」は、ブイの撤去にあわせて廃止を予定しています。

    ブイの撤去後は、波勝岬沖及び爪木埼沖の情報発信を終了させていただきますので、ご了承ください。なお、撤去工事の完了後にも、再度お知らせいたします。

    長年のご利用ありがとうございます。

     

    ブイの撤去に関するお問い合わせは、県庁水産振興課 施設整備班へお問い合わせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県経済産業部水産業局 水産振興課 施設整備班:    〒420-8601 静岡県静岡市葵区追手町9-6
        電話番号:054-221-2453    FAX:054-221-3288    E-mail:suisanshinkou@pref.shizuoka.lg.jp

     

    静岡県水産技術研究所 普及総括班:    〒4425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-221-3288    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「駿河丸」の一般公開

    (お知らせ日:2012年3月30日)

    沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の一般公開のご案内

    無事終了しました。ありがとうございました。

    駿河丸

    恒例の「焼津みなとまつり」にあわせて、本研究所の調査船「駿河丸」の船内を一般公開します。船内を見ることは通常できませんので、この機会にぜひ御覧ください。

    開催日

    平成24年4月8日(日)

    公開時間

    午前10時から午後2時まで

    場所

    焼津内港(旧魚市場)


    大きな地図で見る

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご見学ください。

    第58回焼津みなとまつりについては静岡新聞SBSサイト「アットエスしずおか」内の紹介ページををご覧下さい。

    焼津みなとまつりに関するお問い合わせは、焼津みなとまつり実行委員会(事務局:焼津商工会議所)へお願いします。(電話 054-628-6251)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2012年1月30日)

    第52回水産加工技術セミナーのご案内

    86名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県に水揚げされる水産物は、極めてバラエティに富んでおり、地域ごとに優れた特色を有しております。また、これらの水産物を活用し、地域色豊かな水産加工品が製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化などにより、本県の水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、加熱コストの削減や効率化が期待される「通電(ジュール)加熱法」に焦点をあて、その仕組みや特徴の解説と公開実験により理解を深めていただく機会として、下記のとおり開催いたします。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成24年2月8日(水)13時00分〜16時00分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所 3階大会議室及び加工研究センター

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    公開実験

    通電加熱法による、カツオの連続加熱実験を実施します。

    講演1

    「通電(ジュール)加熱の仕組みと実例」 :(独)水産大学校食品科学科特任教授 福田裕先生

    講演2

    「鰹節製造における煮熟工程への通電加熱法導入の可能性」 :水産技術研究所開発加工科長 高木毅

    参加費:

    無料

    定員:

    80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メールにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と所属」をお知らせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2011年11月8日)

    水産研究発表会 ―魚を科学する―

    92名に参加していただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    静岡県水産技術研究所では、駿河湾など豊かな自然のもとに営まれている本県の漁業、養殖業、水産加工業等を振興するため、県内各地域の水産技術研究所及び分場において、様々な試験研究を行っています。

    この研究成果の一部について、一般の方々にもわかりやすく紹介しますので、多くの皆様の参加をお待ちしています。

     

    主催:

    静岡県水産技術研究所

    開催日時:

    平成23年11月28日(月曜日)13時00分〜16時00分(開場は12時30分)

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室 (焼津市小川3690) 地図はこちらからご覧ください

    発表内容:
    1. 最新技術でさぐるアユの生態
    2. サザエの子供は何を食べる?
    3. 近頃、ゴマサバが多いわけ
    4. 遠州灘のトラフグをふやす! 〜トラフグの放流効果〜
    5. 深層水でアカザエビの養殖に成功
    6. “カツオすり身”を焼津の新たな特産品に! 〜作り方ですり身の品質は大きく変わる〜
    7. 電気で魚を煮る 〜今、注目される魚の新しい加熱方法〜

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    参加費:

    無料

    申込方法:

    住所、名前、電話番号、職業を、下記のあて先まで、、FAX、郵送(ハガキ)、または、電子メールでお知らせください。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2011年8月2日)

    水産技術研究所一般公開とチリモン教室開催のお知らせ

    〜多数のご参加ありがとうございました〜

    明治9年8月21日に当時の「静岡県」と「浜松県」が合併して今の静岡県が誕生しました。水産技術研究所ではそれを記念して、8月19日金曜日に展示室や駿河丸を公開するとともに、チリモン(チリメンモンスター)教室を下記のように開催します。申し込みの必要のない自由参加ですので、ふるってご参加ください。

    開催日

    平成23年8月19日(金曜日)

    (注意)「県民の日」は8月21日ですが日曜日のため、イベントは8月19日に行ないます。ご了承ください。

    内容
    開催時間
    • チリモン教室の開催時間は10時〜15時です。
    • 展示室の公開時間は8時30分〜16時30分です。
    • 駿河丸の船内公開時間は10時〜16時です。
    開催場所
    • チリモン教室と展示室公開は、静岡県水産技術研究所(焼津市小川3690)で行います。
    • 駿河丸の船内公開は小川港汐入西岸壁(焼津市小川地先)で行います。

    地図はこちらからご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

     

    (参考)「チリメンモンスター」とは

    シラス干しやちりめんじゃこには、様々な海の生き物の稚魚や幼生が混入しており、これらを「チリメンモンスター」と呼んでいます。この名称は、大阪のきしわだ自然博物館が2004年の夏休みイベントで用いたらしく、その後、子供たちの間でチリモン探しがブームとなりました。

     

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご参加ください。

     

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2011年5月24日)

    第51回水産加工技術セミナーのご案内

    132名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    本県に水揚げされる水産物は、極めてバラエティに富んでおり、地域ごとに優れた特色を有しております。また、これらの水産物を活用し、地域色豊かな水産加工品が製造されております。

    しかしながら、水揚げ量の減少、輸入製品や他産地との競争激化、消費や流通に係わる環境の変化などにより、本県の水産業は、極めて厳しい状況に置かれております。

    県では、新技術の開発・導入による新製品の開発、消費者志向に基づく品質の高度化・安全性の確保、未利用資源の有効活用などを推進するため、水産加工技術セミナーを開催しております。

    今回のセミナーは、東日本大震災の被害により電力供給不足や放射性物質の拡散が危惧される中で、省エネによるコスト削減に取り組む具体的な方法や、水産物への放射性物質の影響などについて考えていただく機会として、下記のとおり開催いたします。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成23年6月9日(木)13時00分〜16時10分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所 3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    水産技術研究所研究員による研究報告
    1. 解凍硬直を防止した冷凍カツオ・ビンナガの品質と特長 :羽田好孝
    2. カツオ魚肉のにおい成分 :平塚聖一
    3. カツオ魚肉の鮮度及び洗浄回数が洗浄肉の品質に与える影響について :小泉鏡子
    4. 駿河湾深層水由来の高ミネラル水がマウスの血中コレステロールに及ぼす影響 :二村和視
    講演1

    「投資をしない食品製造業の省エネによるコスト削減」 :福山職業能力開発短期大学校生産技術科准教授 佐藤和史先生

    講演2

    「海産生物の放射能調査について」 :(独)水産総合研究センター中央水産研究所海洋・生態系センター長 渡邊朝生先生

    参加費:

    無料

    定員:

    80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メールにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2011年1月18日)

    第50回水産加工技術セミナーのご案内

    143名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    このたび、50回目を開催するにあたり、これまでの当研究所における研究成果を振り返りながら、「限りある水産資源を無駄なく利用!」「地元の魚で豊かな食生活の創造!」をテーマとして開催することといたしました。

    つきましては、御多忙中のこととは存じますが、多数御参加下さいますよう御案内申し上げます。

    なお、今回のセミナーは焼津市文化センター(焼津市焼津文化会館)が会場となりますので、申し添えます。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成23年1月25日(火)13時00分〜16時00分

    開催場所:

    焼津市文化センター(焼津市焼津文化会館)小ホール・展示室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    水産技術研究所研究員による研究報告
    • カツオを丸ごと利用する! −機能性研究から新規食品素材開発まで− :平塚聖一
    • 偽装表示は許さない! 水産物の産地判別技術 :小泉鏡子
    • 海洋深層水の水産加工品への利用効果 :二村和視
    • 通電加熱技術は水産加工に利用出来るか? :高木毅

    ※他にパネル展示や開発した加工品の試食があります。

    参加費:

    無料

    定員:

    会場と試食の関係があり、200名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メールにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職」をお知らせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    ミニシンポジウム「カツオ丸ごと早わかり」のご案内

    (お知らせ日:2011年1月5日)

    平成22年度日本水産学会中部支部大会 −ミニシンポジウム「カツオ丸ごと早わかり」− の開催について

    無事終了しました。ありがとうございました。

    平成22 年度日本水産学会中部支部大会を、遠洋水産研究所・静岡県水産技術研究所・東海大学の協力のもと開催しますので、多くの皆様の参加をお待ちしています。

    本ミニシンポジウムは、カツオの生物・資源・漁業から加工利用にわたり広く最新の話題を提供し、カツオを丸ごと手早く理解できるよう現状を整理し、今後のカツオ資源の持続的利用について考える糸口とすることを目的としています。

    開催日時:

    平成22年11月26日(金曜日)14時30分〜17時00分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室 (焼津市小川3690 地図はこちらからご覧ください

    主催:

    日本水産学会中部支部

    プログラム
    • シンポジウム趣旨説明
    • カツオの生物生態
    • カツオの資源
    • カツオの漁業
    • カツオの加工利用
    • 古代鰹節の再現
    • 総合討論

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    参加費:

    無料

    ※事前の申込は必要ありません。ご自由にご参加下さい。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 資源海洋科科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-629-7350    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    ブログ「チーム駿河湾」のご紹介

    (お知らせ日:2010年11月1日)

    ブログ「チーム駿河湾」が始まりました

    静岡県水産技術研究所の職員有志により、公私を問わず入手した静岡の海、漁業、海の生き物の旬な情報を発信するブログ「チーム駿河湾」が始まりました。

    ご興味のある方は、チーム駿河湾(http://blog.goo.ne.jp/teamsurugawan)をご覧ください

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 資源海洋科科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-629-7350    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2010年10月22日)

    水産研究発表会 ―魚を科学する―

    85名に参加していただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    静岡県水産技術研究所では、駿河湾など豊かな自然のもとに営まれている本県の漁業、養殖業、水産加工業等を振興するため、県内各地域の水産技術研究所及び分場において、様々な試験研究を行っています。

    この研究成果の一部について、一般の方々にもわかりやすく紹介しますので、多くの皆様の参加をお待ちしています。

     

    主催:

    主催:静岡県水産技術研究所(地図はこちらからご覧ください

    開催日時:

    平成22年11月4日(木曜日)13時00分〜16時00分(開場は12時30分)

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室 (焼津市小川3690)

    発表内容:
    1. 駿河湾深層水で美味しい水産加工品 〜深層水の魚油に対する酸化抑制効果〜
    2. トロトロで健康 〜深層水で育てたサガラメの有効利用〜
    3. 沿岸水温の長期的な変化
    4. 脂肪率からみたキンメダイの特徴 〜知られざるもう一つの旬〜
    5. 天敵を使ってウナギの病気を予防する
    6. にじますを使って地元に元気を!
    7. カツオ血合肉の健康機能

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    参加費:

    無料

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    申込方法:

    住所、名前、電話番号、職業を、下記のあて先まで、、FAX、郵送(ハガキ)、または、電子メールでお知らせください。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    ウォットの指定管理者の募集について

    (お知らせ日:2010年10月4日)

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(ウォット)の次期指定管理者を募集します。

    募集は終了しました。ありがとうございました。

    県が設置した「静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設」(愛称:ウォット)では、今年度末で現在の指定管理者の指定管理期間が終了するため、次期指定管理者を募集します。

    募集の概要
    1 対象施設

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(浜松市西区舞阪町弁天島5005-1)

    2 指定期間

    平成23年4月1日から平成28年3月31日まで(5年間)

    2 指定期間

    平成23年4月1日から平成28年3月31日まで(5年間)

    3 募集要項の配布

    配布期間:平成22年10月4日(月)から10月29日(金)

    配布場所:静岡県水産技術研究所(焼津市小川3690)、静岡県水産技術研究所浜名湖分場(浜松市西区舞阪町弁天島5005-1)

    ※募集要項は県のホームページからでもご覧になれます。(http://www.pref.shizuoka.jp/soumu/so-030a/4-7.html) (クリックすると別ウインドウで開きます)

    4 現地説明会

    平成22年10月12日(火)午後1時30分から

    5 申請の受付

    平成22年10月18日(月)から平成22年10月29日(金)

    施設の概要

    水産資源、自然環境等に親しむ機会の提供を通じて、浜名湖に対する理解を深めることを目的に、平成12年8月に開館した。平成17年度から指定管理者制度を導入している。

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場体験学習施設(ウォット)へのリンク (クリックすると別ウインドウが開きます)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    静岡県遠洋漁業練習指導船「富士丸」の売却について

    (お知らせ日:2010年8月30日)

    静岡県遠洋漁業練習指導船「富士丸」売却の入札を行います

    入札は9月14日に終了しました。ありがとうございました。

    静岡県遠洋漁業練習指導船「富士丸」売却の入札を行います。

    参加を希望される方は、当研究所で入札関係書類を受け取ってください。

    詳細は、静岡県庁ホームページに掲載されております、平成22年8月27日付の静岡県公報を御確認ください。

    静岡県公報へのリンク(クリックすると別ウインドウが開きます)

    日程
    1 入札関係書類の交付、参加申込の受付

    平成22年8月27日(金)から平成22年9月10日(金)まで(土日は除く)

    午前9時から正午まで及び午後1時から午後4時まで

    2 現地説明会

    平成22年9月7日(火)午前11時から(事前申込みが必要)

    2 指定期間

    平成23年4月1日から平成28年3月31日まで(5年間)

    3 入札

    平成22年9月14日(火)午前11時

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 総務課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suigi-soumu@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    マリンロボの廃止について

    (お知らせ日:2012年8月2日)

    マリンロボ1号機を廃止しました。

    御前崎沖(34°23′47″N、138°19′06″E)に設置していたマリンロボ1号機を平成22年8月2日に撤去しました。

    本ブイは本県沿岸の水産資源を有効に活用するために、「浮魚礁」としての役割を持ち、様々なデータを自動観測する「しずおかマリンロボシステム」における初の多機能型ブイとして、平成10年8月より運用を開始しましたが、今回、耐用年数を満了したことにより、廃止の運びとなりました。

    今後、御前崎沖の情報発信は終了とさせていただきますので、ご了承ください。長年のご利用ありがとうございました。

    現在、「しずおかマリンロボシステム」は、波勝崎沖と稲取沖の2機で運用しています。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 普及総括班:    〒4425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-221-3288    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「ふじのくに おさかなやさん大賞」作品募集のお知らせ

    (お知らせ日:2010年7月20日)

    短時間で食卓のおかずにできる魚料理のレシピを募集しています

    募集は終了しました。61作品のご応募がありました。ありがとうございました。

    静岡県おさかな普及協議会では、「子どもに食べさせたい簡単おさかな料理」をテーマに、魚料理のレシピを募集しています。

    募集内容は、アジまたはサバを使った簡単な料理で、締め切りは7月30日必着。どなたでも応募できます。

    9月25日にアジの部とサバの部の2部門における大賞が発表されました。

    入賞作品のレシピは公式ブログの「簡単おさかなレシピ」に掲載されています。

    ※応募や内容についてのお問い合わせは、静岡県おさかな普及協議会事務局へお願いします。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県おさかな普及協議会事務局:    〒420-8666 静岡県静岡市葵区追手町9-18
        電話番号:054-254-6011    FAX:054-254-9343    E-mail:s-kumiai2@sogyoren.jf-net.jp

     

    静岡県水産技術研究所 普及総括班:    〒4425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-221-3288    E-mail:suigi-fukyuu@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2010年7月9日)

    水産技術研究所(本所)一般公開のお知らせ

    〜多数のご参加ありがとうございました〜

    8月21日に制定されている「県民の日」に関連するイベントとして、恒例となっている展示室及び調査船の一般公開を今年も行ないます。特に調査船中をみることは通常できませんので、夏休みのひとときを利用して、この機会にぜひ御覧ください。

    開催日

    平成22年8月20日(金)

    (注意) 「県民の日」は8月21日ですが土曜日のため、一般公開は8月20日に行ないます。ご了承ください。

    開催場所

    静岡県水産技術研究所、および、小川港(焼津市小川)

    地図はこちらからご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    内容 (職員が展示物について解説します)
    公開時間
    • 展示室の公開時間は8時30分〜16時30分です。
    • 沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の船内公開時間は10時〜16時です。

    事前の申込み等はございません。費用も無料です。どなたでもご自由にご見学ください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    サバ標識放流について

    (お知らせ日:2010年6月29日)

    水産技術研究所「駿河丸」によりサバの標識放流を実施しています

    サバ標識放流について

    伊豆諸島、駿河湾に来遊するサバの移動・回遊を明らかにするため、平成22年4月から三宅島周辺、石花海(せのうみ:駿河湾内の海山)等で、「駿河丸」によりマサバ、ゴマサバの標識放流を実施しています。

    標識のついたサバを再捕された場合には、水産技術研究所までお知らせください。記念品を進呈します。

    サバの生態解明に御協力ください。

    こんな標識です!

    標識写真

    黄色スパゲテイ型。標識内部に鉄芯を内包しており、加工場等の金属探知機でも検知されます。

    表:「SO10(共通)」 裏:「0777等(数字4桁で個体別)」の刻印があります。

    お知らせいただきたいことは?
    • 再捕年月日(または発見年月日)
    • 再捕場所(または発見場所) →緯度・経度、〇〇沖、〇〇の根、〇〇港など
    • 再捕者(発見者)と連絡先
    • 漁法
    • 魚種 →マサバかゴマサバか
    • 標識番号、尾叉長(頭の先から尾びれのくぼみまでの長さ)、体重

    詳細はこちらをご参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 資源海洋科科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1817    FAX:054-629-7350    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2010年5月19日)

    第49回水産加工技術セミナーのご案内

    85名のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成22年6月15日(火)13時00分〜16時10分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが別ウィンドウで開きます)

    参加費:

    無料

    定員:

    定員80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メールにてお申し込み下さい。

    ※電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と所属」をお知らせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 開発加工科:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2010年1月18日)

    第48回水産加工技術セミナーのご案内

    60名以上の方のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成22年3月2日(火)13時00分〜16時10分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが開きます)

    参加費:

    無料

    定員:

    定員80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メールにてお申し込み下さい。

    電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職名」をお知らせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 企画加工研究室:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    マリアナ海難事故慰霊について

    (お知らせ日:2010年1月5日)

    マリアナ海難事故慰霊航海で採取した現場付近の海水をお譲りします

    海水の配布は終了しました。ありがとうございました。

    水産技術研究所「富士丸」の南方カツオ調査の航海途中において、昭和40年10月のアグリガン島付近における集団海難事故の慰霊を、平成21年11月23日に行いました。その際に、ご遺族の方に配るために現場付近の海水を採取し、持ち帰っています。すでに海水の多くはお供え物をお預かりしたご遺族にお配りしましたが、まだ15リットル程度が当研究所に残っています。

    そこで、他にも希望される方には海水をお譲りしたいと考えています。希望される方は、住所、名前、電話番号を明記の上、下記のお問い合わせ先に電話、FAX、ハガキ、または電子メールでご連絡ください。なお、配布は平成21年2月1日までとし、先着順とさせていただきます。量に限りがありますので、海水がなくなり次第、募集を終了することをご了承ください。

    慰霊の詳細についてはこちらをご覧ください。(水技研らいぶらりぃの特設ページへ飛びます)

    なお、応募の際にお教えいただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    献花写真 慰霊花束のお供え(後に回収しました)

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1816    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    練習指導船の一般公開及び食事体験

    (お知らせ日:2009年11月13日)

    水産技術研究所遠洋漁業練習指導船「富士丸」の一般公開と実食体験の実施について

    平成21年11月7日に小川港で開催された「第4回小川港さば祭り」において実施した、本研究所の遠洋漁業練習指導船「富士丸」の一般公開と船内での実食体験について、ご紹介します。

    富士丸に2,437名がご来船いただきました。ありがとうございました。

    さば祭りに合わせて富士丸前で生きたゴマサバを展示しました。

    さばの水槽展示

    事前に応募いただいた方を対象に、富士丸船内での実食体験をしていただきました。メニューは新製品の「カツオかつ」を使ったカツオかつカレーで、大変好評でした。

    実食体験

    天気に恵まれ、小川港さば祭りも盛況でした。

    さば祭り

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1816    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2009年11月2日)

    水産研究発表会 ―魚を科学する―

    70名以上の方のご参加をいただき、無事終了しました。ありがとうございました。

    静岡県水産技術研究所では、駿河湾をはじめとした豊かな自然のもとに営まれている本県の漁業、養殖業、水産加工業等を振興するため、県内各地域の水産技術研究所及び分場において、様々な試験研究を行っています。

    この研究成果を一般の皆様方にわかりやすく紹介するため、恒例の「水産研究発表会」を開催します。多くの皆様の参加をお待ちしています。

     

    主催:

    主催:静岡県水産技術研究所(地図はこちらからご覧ください

    開催日時:

    平成21年11月27日(金曜日)13時00分〜16時00分(開場は12時30分)

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室

    演題:
    • 美白マグロを食卓へ(脱血処理)!
    • アサリやカキの小さな天敵 〜増えると怖いプランクトン〜
    • ガラモ場を回復する方法
    • 駿河湾深層水の恵み 〜美白効果を持つプランクトン〜
    • 白銀に輝くニジマス 〜ニジマスの品種改良はここまできた!〜
    • シラスはどれだけ獲れるかな? 〜シラスの漁獲量を予測する〜

    詳細は別紙プログラムを参照ください(PDFファイルが開きます)

    参加費:

    無料

    申込方法:

    住所、名前、電話番号、職業を、下記のあて先まで、FAX、郵送(ハガキ)、または、電子メールでお知らせください。参加申し込みの受付は終了しました。

    申込期間:

    11月2日(月)〜11月16日(月)の間にお申し込みください(必着)。

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 企画加工研究室:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    練習指導船の一般公開及び食事体験

    (お知らせ日:2009年10月2日)

    水産技術研究所遠洋漁業練習指導船「富士丸」船内での実食体験の応募について

    小川港サバ祭りにおける富士丸一般公開及び実食体験は無事終了しました。多数のご来船ありがとうございました。

    一般公開及び実食体験の様子はこちらをクリックしてください。

    概要

    本研究所の遠洋漁業練習指導船「富士丸」は、30日間から40日間程度の航海を行う調査船です。皆様方より漁船や本船では長い航海の中でどんな雰囲気で食事をしているのか知りたいという声をたびたび伺います。

    そこで今回、船内の生活や食生活を少しでも理解していただくために、実際に昼食を船内で体験していただくことを計画しました。事前応募となっておりますので奮って応募ください。

    食事メニューは、カツオを原料にした新製品「カツオかつ」(仮称)をのせたカレーです。食後にご意見をいただきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

    1 日時

    平成21年11月7日(土曜日)11時30分〜12時30分頃まで

    2 実施場所

    小川外港西岸壁に接舷下した富士丸船内 (同日開催の小川港サバ祭りにおける「富士丸」一般公開と並行して実施します。)

    3 募集人員

    親子など約40名を予定 (船内の食堂にて実施するため人員を制限します)

    4 応募方法

    (参加申込みの受付は終了しました。多数の申込みありがとうございました。抽選の結果は返信はがきにてお知らせします。)

    「富士丸での実食体験希望」と明記の上、「氏名」、「年令」、「連絡先の電話番号」を記入し、必ず「往復はがき」で水産技術研究所宛てにお申し込みください。なお、複数名での参加を希望される場合は、全員の氏名、年令を明記してください。ただし、1通のはがきで応募できる人数は4名までとします。

    • 返信の宛名面には「返信先」を記載してください。
    • 電子メールによる申し込みは受け付けておりませんのでご了承ください。
    • 10月20日(火)必着。応募多数の場合は厳正なる抽選で決定し、結果を返信はがきにてお知らせします。
    5 応募先

    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690 静岡県水産技術研究所

    電話番号:054-627-1815(代) FAX:054-627-3084

    6 参加費用

    参加費用は不要です。

    7 メニュー

    カツオかつカレー、生サラダを予定

    材料一覧:カレー粉、豚肉、玉ねぎ、人参、ジャガイモ、ブイヨン、ケチャップ、ソース、カツオかつ、レタス、キャベツ、トマト

    ※アレルギーのある方はご注意ください。

    富士丸実習中の食事風景 富士丸実習中の食事風景(漁業高等学園実習生)

    昨年のサバ祭りでの富士丸一般公開 昨年のサバ祭りにおける富士丸一般公開

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1816    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    マリアナ海難事故慰霊について

    (お知らせ日:2009年9月24日)

    水産技術研究所「富士丸」によりマリアナ海難事故慰霊を行います

    慰霊は11月23日に無事終了しました。皆さまからのご支援ありがとうございました。

    慰霊の詳細についてはこちらをご覧ください。

    概要

    昭和40年10月7日に北マリアナ諸島のアグリガン(アグリハン)島付近において、台風による遭難事故で静岡県の漁船7隻、209名の乗組員が犠牲になりました。この大惨事からすでに40年以上が経過しています。

    この悲劇を風化させないためにも、今秋に実施する水産技術研究所「富士丸」の南方カツオ調査の航海途中において、改めて慰霊を行う予定です。この慰霊をとおして、我々水産技術研究所職員だけでなく、本県漁業者や富士丸に乗船する漁業高等学園実習生にも安全航海の重要性を再認識していただきたいと考えています。

    内容
    1 日時

    11月中旬から12月中旬にかけて予定している、富士丸の平成21年度第5次南方カツオ調査航海途中において

    ※11月11日焼津港より出港いたしました。

    2 場所

    北マリアナ諸島のアグリガン(アグリハン)島山頂から南西に約20マイル(約37km)の海域(アメリカ領海外)

    3 慰霊実行者

    富士丸船員、漁業高等学園実習生および教務職員の航海参加者

    4 慰霊内容

    花束、清め酒、209個の供養おにぎり等を供え、実習生により追悼文を朗読します。

    5 その他

    10月24日、25日に新焼津漁港で国民文化祭に関連して開催される、海の食博覧会「みなとみなくる2009」において一般公開を行う富士丸でマリアナ海難事故を紹介する予定です。

    「みなとみなくる2009」における富士丸一般公開は無事終了しました。多数のご来船ありがとうございました。

    6 参考

    マリアナ海難事故の詳細について (国土交通省海難審判所のホームページが開きます)

    富士丸写真 遠洋漁業練習指導船 富士丸 総トン数311トン

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 船舶管理課:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1816    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2009年5月7日)

    第47回水産加工技術セミナーのご案内

    〜約百名のご参加をいただきました。多数のご参加ありがとうございました〜

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成21年6月12日(金)13時00分〜16時10分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが開きます)

    参加費:

    無料

    定員:

    定員80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メールにてお申し込み下さい。−参加申込みの受付は終了しました−

    電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職名」をお知らせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 企画加工研究室:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2009年)

    水産技術研究所(本所)一般公開のお知らせ

    〜多数のご参加ありがとうございました〜

    開催日

    平成21年8月21日(金)

    開催場所

    静岡県水産技術研究所、および、小川港(焼津市小川)

    地図はこちらからご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    内容
    • 展示室の公開(職員による展示物の説明があります)
    • 遠洋漁業調査指導練習船「富士丸」、沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の船内公開(乗組員による説明があります)

    下記の「公開時間」をご確認ください。

    費用

    無料

    対象

    どなたでも

    公開時間
    • 展示室の公開時間は8時30分〜17時00分です。
    • 遠洋漁業調査指導練習船「富士丸」、沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の船内公開時間は10時〜16時です。
    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2009年1月19日)

    第46回水産加工技術セミナーのご案内

    〜多数のご参加ありがとうございました〜

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成21年2月16日(月)13時00分〜16時10分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが開きます)

    参加費:

    無料

    定員:

    定員80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書によりFAX、郵送、または電子メールにてお申し込み下さい。−参加申込みの受付は終了しました−

    電子メールで申込みをされる場合は、「企業(団体名)」、「住所」、「電話番号」、「主な生産品目」、「参加される方のお名前と役職名」をお知らせください。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 企画加工研究室:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産研究発表会のお知らせ

    (お知らせ日:2008年11月4日)

    魚を科学する 水産研究発表会

    〜多数のご参加ありがとうございました〜

    静岡県水産技術研究所では、駿河湾など豊かな自然のもとに営まれている本県の漁業、養殖業、水産加工業等を振興するため、県内各地域の水産技術研究所及び分場において、様々な試験研究を行っています。この研究成果の一部について、一般の方々にもわかりやすく紹介する「水産研究発表会」を開催します。多くの皆様の参加をお待ちしています。

     

    主催:

    主催:静岡県水産技術研究所(地図はこちらからご覧ください)

    開催日時:

    平成20年12月2日(火曜日)13時00分〜16時00分(開場は12時30分)

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室

    演題及び講師

    別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが開きます)

    参加費:

    無料

    申込方法:

    住所、名前、電話番号、職業を、下記のあて先まで、FAX、郵送(ハガキ)、または、電子メールでお知らせください(参加申込みの受付は終了しました。多数の申込みありがとうございました)。

    申込期間:

    11月4日〜11月25日(火)

    定員:

    申込順に先着100名で締め切らせていただきます。

    なお、応募の際に記入していただいた個人情報については、「静岡県個人情報保護条例」に基づき適正に取扱います。

    本件の申込み、お問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 企画加工研究室:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    水産加工技術セミナーのご案内

    (お知らせ日:2008年5月13日)

    第45回水産加工技術セミナーのご案内

    〜多数のご参加ありがとうございました〜

    主催:

    静岡県

    後援:

    静岡県水産加工業協同組合連合会・静岡県漁業協同組合連合会・静岡県食品産業協議会

    開催日時:

    平成20年6月9日(月)13時00分〜16時10分

    開催場所:

    静岡県水産技術研究所3階大会議室

    演題及び講師:

    詳細は別紙プログラムを参照ください(pdfファイルが開きます)

    参加費:

    無料

    定員:

    定員80名で締め切らせていただきます

    申込方法:

    別紙の申込書により6月3日(火)までにFAX又は郵送にてお申し込み下さい。−参加申込みの受付は終了しました−

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 企画加工研究室:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1818    FAX:054-629-7350,054-627-3084    E-mail:seminar@fish-exp.pref.shizuoka.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2008年)

    水産技術研究所(本所)一般公開のお知らせ

    〜多数のご参加ありがとうございました〜

    開催日

    平成20年8月21日(木)

    開催場所

    静岡県水産技術研究所、および、小川港(焼津市小川)

    地図はこちらからご覧ください(新しいウィンドウが開きます)。

    内容
    • 展示室の公開(職員による展示物の説明があります)
    • 遠洋漁業調査指導練習船「富士丸」、沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の船内公開(乗組員による説明があります)

    下記の「公開時間」をご確認ください。

    費用

    無料

    対象

    どなたでも

    公開時間
    • 展示室の公開時間は8時30分〜17時00分です。
    • 遠洋漁業調査指導練習船「富士丸」、沿岸・沖合漁業指導調査船「駿河丸」の船内公開時間は10時〜16時です。
    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2008年)

    伊豆分場一般公開のお知らせ

    開催日

    平成20年8月13日(水)〜15日(金)

    開催場所

    静岡県水産技術研究所伊豆分場

    内容

    『伊豆の海と魚を勉強しよう!!』

    水産技術研究所伊豆分場展示室の夜間開放を行います。

    対象

    どなたでも(小学生は保護者の方と一緒にきてください)

    費用

    無料

    公開時間

    夜間の公開時間は19時〜21時です(平日の8時30分〜17時も見学できます)。

    なお、詳細は静岡県水産技術研究所伊豆分場のホームページでご案内していますのでご確認ください(新規ウィンドウが開きます)。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 伊豆分場:    下田市白浜251-1
        電話番号:0558-22-0835    FAX:0558-22-9330    E-mail:suishi-izu@pref.shizuoka.lg.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2008年)

    富士養鱒場一般公開のお知らせ

    開催日

    平成20年8月21日(木)

    開催場所

    静岡県水産技術研究所富士養鱒場

    内容

    施設無料開放(通常大人300円、子供180円かかりますが、当日は無料で開放します)

    富士山麓の親子ニジマスふれあい体験(ニジマスへの餌やり等ふれあい体験、採卵・受精のデモンストレーション、発眼卵や稚魚の展示)

    対象

    施設無料開放:どなたでも

    富士山麓の親子ニジマスふれあい体験 :小学生と保護者(定員がありますので、参加をご希望される方は事前にお問い合わせください)

    募集人数

    施設無料開放:特になし

    富士山麓の親子ニジマスふれあい体験:午前(9:30〜12:00)、午後(13:00〜15:15)の2回。午前、午後各30名程度。(平成20年8月8日までにお申し込みください) −参加申込みの受付は終了しました−

    申込方法、内容等につきましては、静岡県水産技術研究所富士養鱒場までお問い合わせください。

    なお、静岡県水産技術研究所富士養鱒場のホームページでもご案内していますのでご覧ください(新規ウィンドウが開きます)。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 富士養鱒場:
        電話番号:0544-52-0311    FAX:0544-52-0312    E-mail:fujimasu@shizuokanet.ne.jp

    ▲画面トップにもどる

    「県民の日」関連イベントのご案内

    (お知らせ日:2008年)

    浜名湖分場一般公開のお知らせ

    開催日

    平成20年8月21日(木)10時00分〜

    開催場所

    静岡県水産技術研究所浜名湖分場

    内容

    親子水産教室(ウナギのお話・給餌体験、浜名湖の生物採集・観察)

    対象

    小学生と保護者

    募集人数

    親子15組まで(応募多数の際は抽選)

    申込締切

    7月28日(月)必着 −参加申込みの受付は終了しました−

    申込方法、内容等につきましては、静岡県水産技術研究所浜名湖分場までお問い合わせください。

    なお、静岡県水産技術研究所浜名湖分場のホームページでもご案内していますのでご覧ください(新規ウィンドウが開きます)。

    本件のお問い合わせ先
    静岡県水産技術研究所 浜名湖分場:    〒431-0214 浜松市西区舞阪町弁天島5005-1
        電話番号:053-592-0139    FAX:053-592-0906

    ▲画面トップにもどる

    お問合せ先

    静岡県水産技術研究所:    〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
        電話番号:054-627-1815,1816,1817,1818    FAX:054-627-3084    E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp