ここから本文です。

静岡県水産技術研究所


漁海況情報:沖合漁業関係

 漁業情報 パンくずリスト矢印 漁海況情報 パンくずリスト矢印 沖合漁業関係

サバ棒受網・たもすくい(3月)

 小川港所属の棒受網漁船は上旬はたもすくいで操業したが、中旬以降、全船が棒受網に転向した。漁場は月を通じて銭洲海域に形成された。水揚量はマサバ197トン(前年同月比66倍)、ゴマサバ532トン(前年同月比91%)であり、1隻あたり水揚量はマサバ4.9トン(前年同月0.2トン)、ゴマサバ13.3トン(前年同月27.9トン)であった。1kgあたり平均単価はマサバ122円で前年同月(108円)、前月(106円)を上回った。 ゴマサバは103円で前年同月(90円)を上回ったが、前月(110円)を下回った。
 たもすくいで漁獲されたマサバの体長組成は尾叉長31cmにモードを持つ単峰型、棒受網で漁獲されたゴマサバの体長組成は尾叉長32cmにモードを持つ単峰型を示した。

小川港サバ類(棒受網漁業)水揚量

期間 水揚量
(トン)
水揚
日数
水揚
隻数

水揚/隻

(トン)

単価
(円/kg)
漁場
マサバ

ゴマサバ

マサバ ゴマサバ マサバ

ゴマサバ

平成30年4月上旬

中旬

下旬

70

85

41

81

134

318

4

4

5

11

12

17

6.4

7.1

2.4

7.3

11.2

18.7

201

84

63

114

109

98

銭洲

銭洲

銭洲

平成30年4月計

197

532

13

40

4.9

13.3

122

103

銭洲

平成29年4月計

 3

586

9

21

0.2

27.9

108

90

三宅近海、三本

平成28年4月計

453

141

11

37

12.3

3.8

105

101

銭洲、三本

*水揚量については、旬ごと、魚種ごとに四捨五入しているため月計と一致しないことがある。

 

 

▲画面上部にもどる

 

竿釣カツオ(4月)

 4月の県内主要5港(沼津、清水、焼津、小川、御前崎)における近海及び沿岸竿釣り船によるカツオの水揚量は308トンで前年同月(100トン)の3.1倍であった。魚価は383円/kgで前年同月(425円/kg)を下回った。

 漁場は34-35°N、138-140°Eの伊豆諸島周辺海域であり、水揚げされた魚体のサイズは、小(尾叉長43-46cmモード)を主体に、極小(尾叉長42cmモード)、中(尾叉長50cmモード)であった。

                     竿釣り(近海+沿岸船)カツオ水揚量  (県内主要5港)

期間 水揚量
(トン)
水揚隻数 平均水揚量/隻
(トン)
平均単価
(円/kg)
御前崎港における測定結果

平成30年4月上旬

中旬

下旬

64

92

152

17

19

21

3.8

4.8

7.2

513

484

266

平成30年4月計

308

57

5.4

383

平成29年4月計

100

11

9.1

425

平成28年4月計

44

15

2.9

411

 

▲画面上部にもどる

 

 

お問合せ先

静岡県水産技術研究所
〒425-0032 静岡県焼津市鰯ヶ島136-24
電話番号:054-627-1815,1816,1817,1818  FAX:054-627-3084  E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp