• 携帯電話向けページ
  • 組織(部署)から探す
  • リンク集
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム >  組織別情報 >  経済産業部 >  水産技術研究所 >  富士養鱒場 >  養鱒場の自然  >  今週のカタクリ

ここから本文です。

静岡県水産技術研究所 富士養鱒場

 養鱒場の自然  今週のカタクリ

今週のカタクリ

3月下旬から4月にかけて開花する場内のカタクリ情報です。

今週のカタクリ

2018年4月2日 今年は開花が早めです
2018年4月9日 お急ぎください
2018年4月16日 また来年
カタクリ自生エリア
カタクリ自生エリア

※場内では植物の採集は禁止となっておりますので、見つけても持ち帰らないでくださいね。またカタクリ保護の観点から、ご覧になるときは足元に十分ご注意ください。

日記

2018年4月2日

今年は3月後半の陽気の影響か、
養鱒場の春は全体的に早めです。

カタクリも例年より開花が早く、
先週の中ごろから急に咲きはじめました。

カタクリ群落のある、
冬季採卵場周辺、川向こうの広場、河川地6号の脇、の全てで
既に最盛期を迎えています。

このまま暖かい日が続けば
今年の開花時期が短い可能性もありますので、
シャッターチャンスの時期をお見逃しなく!

〜写真をクリックいただくと大きなサイズで御覧いただけます〜

  

  
  


2018年4月9日

カタクリの見ごろは、今週か来週で終わりそうです。
御覧になりたい方は、お急ぎください。

カタクリ自生エリアのうち、
冬季採卵場周辺の木陰では、
まだまだ元気な群落が見られます。

また、場内のミツバツツジやツバキ、通用門付近のフジザクラは
五分咲き〜七分咲きと見ごろを迎えています。
ぜひ、様々な花をお楽しみください。

なお、今週の養鱒場は朝晩の冷え込みが予想されますので、
お出かけの際は上着の準備をお忘れなく。

〜写真をクリックいただくと大きなサイズで御覧いただけます〜

  

  

  
  



2018年4月16日

先週末の大雨の影響もあり、
場内のカタクリの花は全て枯れてしまいました。

カタクリは長寿の多年草であるため、
来年の開花を期待して、しばらくお待ちください。

なお、富士養鱒場内では、
カタクリや木本(樹木)の開花に少し遅れて、
草本(草)の花が咲きはじめました。

観覧の際には、足元にもご注目ください。

〜写真をクリックいただくと大きなサイズで御覧いただけます〜

  

  

  

  
  



●2017年(昨年)春の様子
●2016年(一昨年)春の様子


▲画面トップへもどる

養鱒場の自然に戻る

お問合せ先

静岡県水産技術研究所 富士養鱒場
 〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭579-2
 電話番号:0544-52-0311 FAX:0544-52-0312

当研究所、および、このホームページに関するお問い合わせは、電話、FAX、または、下記のメールアドレスまでお願いします。
suigi-fuji@pref.shizuoka.lg.jp