ここから本文です。

静岡県水産技術研究所


水産技術研究所の業務:水産技術研究所の歴史

 水産技術研究所のご案内 パンくずリスト矢印 水産技術研究所の業務:水産技術研究所の歴史

水産技術研究所の歴史

沿革

水産試験場(現水産技術研究所)は明治35年11月県議会において設置が議決され、翌36年4月に農商務大臣の認可を経て全国25番目の水産試験場として設立されました。36年9月に工事着手し、翌37年1月に浜名郡新居町に完成しました。明治38年9月には、当施設を養殖部と改称するとともに安倍郡清水町(現在の静岡市清水区)に漁ろう部門(38年9月)、製造部門(39年4月)が新たに設けられ、水産試験場としての礎が築かれました。大正9年には、清水市にあった施設を拡充し漁ろう、製造、養殖に関するすべての試験研究をここで行うようになり、以後、水産試験場の本場として多くの成果をあげてきました。昭和46年7月には焼津市に庁舎を建設・移転し現在に至っています。この間、各地に分場が開設され、調査指導船も建造されました。その経過を以下に示します。

 

明治

年代(西暦)   できごと
明治37年(1904)   浜名郡新居町に水産試験場竣工・業務開始
明治38年(1905)   新居の水産試験場を養殖部と改称、安倍郡清水町(現静岡市清水区)に水試漁撈部設置
明治39年(1906)   水試指導船第1世富士丸竣工(本邦初の動力付漁船)、清水に製造部設置
明治43年(1910)   新居町の水試養殖部を廃止(清水町へ移転)・田方郡内浦村にかん水養殖試験所開設

▲画面トップへもどる

 

大正

年代(西暦)   できごと
大正02年(1913)   焼津町(現焼津市)に鰹節製造試験所設置
大正07年(1918)   鰹節製造試験所を田方郡伊東町(現伊東市)に移転
大正09年(1920)   かん水養殖試験所廃止
大正10年(1921)   水試に本邦初の漁業無線局(清水電信所)開設

▲画面トップへもどる

 

昭和

年代(西暦)   できごと
昭和元年(1926)   鰹節製造試験所を賀茂郡下田町(現下田市)に移転
昭和04年(1929)   田方郡伊東町に県水試伊東分場開設
昭和06年(1931)   鰹節製造試験所を廃止
昭和08年(1933)   県、富士郡上井出村に富士養鱒場開設
昭和09年(1934)   浜名郡舞阪町に県水試浜名湖分場開設
昭和32年(1957)   県、賀茂郡下田町に水試伊豆分場開設・第1世駿河丸竣工
昭和37年(1962)   県水産技術センターを相良町に設置
昭和40年(1965)   水産試験場沼津水産技術センターを沼津市に設置
昭和41年(1966)   県水産技術センターを水産試験場榛南分室、水産試験場沼津水産技術センターを沼津分室に改称
昭和42年(1967)   富士養鱒場御殿場分室を御殿場市に開設
昭和47年(1972)   県が浜岡町に温水利用研究センター開設・水産試験場榛南分室及び富士養鱒場御殿場分室を廃止
昭和53年(1978)   沼津市に栽培漁業センター開設・沼津分室廃止
昭和56年(1981)   県が裾野市に鮎種苗センター開設

▲画面トップへもどる

 

平成

年代(西暦)   できごと
平成10年(1998)   多機能型ブイ(マリンロボ)1号機御前崎沖に設置
平成11年(1999)   水試伊東分場廃止
平成12年(2000)   水試浜名湖分場新築移転
平成13年(2001)   駿河湾深層水取水施設完成 
平成15年(2003)   駿河湾深層水水産利用施設竣工
平成17年(2005)   栽培漁業センター廃止・種苗生産部門を委託化・かん水養殖研究と普及部門を沼津分室に改組
平成19年(2007)   組織変更に伴い、水産技術研究所となる

▲画面トップへもどる

 

お問合せ先

静岡県水産技術研究所
〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
電話番号:054-627-1815,1816,1817,1818  FAX:054-627-3084  E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp