ここから本文です。

静岡県水産技術研究所


海況、資源動向の情報:一都三県サバ漁海況検討会

 待合室「ふきゅう」 パンくずリスト矢印 海況、資源動向の情報:一都三県サバ漁海況検討会 パンくずリスト矢印 平成27年1月〜6月の県内漁海況予測

一都三県サバ漁海況検討会(平成27年1〜6月)

平成27年01月9日:一都三県水産研究機関(東京都島しょ農林水産総合センター、神奈川県水産技術センター、静岡県水産技術研究所、千葉県水産総合研究センター)

1.海況

(1)黒潮(2014年1〜6月)

黒潮は,1月中旬まではB型で推移するが、下旬にはC型となる。2月中旬にはB型となるが、下旬にC型となる。4月下旬にはD型となり、5月以降はN型となる

伊豆諸島北部および三宅島周辺海域の水温は、1月中旬までは暖水に覆われるため、平年並〜高めで推移する。1月下旬〜2月上旬は冷水に覆われ、平年並〜低めとなるが、北部海域では2月上旬に暖水波及により一時的に高め、2月中旬は三宅島周辺海域では高めとなる。2月下旬〜4月中旬は冷水に覆われ、平年並〜低めとなるが、一時的に暖水波及がある。4月下旬以降は、北部海域は平年並〜低め、三宅島周辺海域は平年並〜高めとなる。

(2)説明

1月7日現在、黒潮は八丈島の北側を通過するB型流路である。12月に潮岬を通過した小蛇行により1月中旬までは規模の小さいB型で推移し、1月下旬にはC型に移行すると考えられる。2月以降は、現在、足摺岬沖付近にある規模の大きい蛇行部が2月中旬に遠州灘、2月下旬には伊豆諸島海域に達する見込みであるため、2月中旬はB型、2月下旬はC型になると考えられる。また、この蛇行部の東進速度は比較的速く、過去の事例から、C型の継続期間は1か月半〜2か月と考えられるため、4月下旬にD型、5月以降はN型となる。 黒潮流型図

※平年並み=平年値±0.5℃程度、やや高め・やや低め=平年値±1.0℃程度、高め・低め=平年値±1.5℃程度、かなり高め・かなり低め=平年値±2.5℃程度。

▲画面トップにもどる

 

2.マサバの漁況

(1)予測(2015年1〜6月)

 (ア)来遊量と漁獲量

マサバ2歳魚(2013年級群)は前年並。3歳魚(2012年級群)は前年を上回る。4歳魚(2011年級群)は前年を下回る。5歳魚(2010年級群)は前年を下回る。マサバ全体としては前年を下回る。

 (イ)漁期・漁場

初漁は2月上旬に伊豆諸島北部海域(以下、「北部海域」という)において、黒潮からの暖水が波及したときに見られる。

漁場は北部海域(大室出し〜利島、ひょうたん瀬)が中心となり、三宅島周辺海域でも形成される可能性がある。

 (ウ)魚体

尾叉長32〜35cm(3歳魚)と28〜3cm(2歳魚)を主体に、36cm以上(4歳以上)も漁獲される。

※年齢は年初に加齢。魚体は尾叉長で表す。

 

(2)説明

漁期当初のマサバ推定来遊資源量・漁獲量

来遊資源は近年では加入量水準が比較的高い2012年級群と、卓越して高い2013年級群が主体になると考えられる。しかし、2013年級群は成長が遅く、現在の平均尾叉長・体重は約26cm・200gで、最近5か年の2歳魚の平均(約31cm・350g)に比べて大幅に小さいため、尾数の多さのわりには資源重量の前年比は伸びていない。また、成熟は体長に依存するので、成長の遅さの影響を受け、2歳時の成熟率は近年より低くなり、親魚として伊豆諸島海域に来遊する割合が少なくなると考えられる。

このような2013年級群の状況を考慮した上で、前年6月末時点の資源尾数から12月末までの漁獲尾数および自然死亡尾数を差し引いて求めた来遊資源量(3歳魚以上と2歳魚の一部)は、前年を下回ると推定された。

今期も近年同様の漁獲努力量レベルで操業が行われると仮定すると、漁獲量は来遊資源量の0.49%(近年5か年平均)であることから2,047トンと試算され、前年(2,781トン)を下回ると考えられる。

初漁日、漁場

12月は、まき網漁業の主漁場が前年同期より北寄りの金華山沖〜常磐南部海域に形成され、漁獲物は尾叉長26cmにモードがあった。千葉丸による12月19日のミゾ場でのハイカラ釣り調査では、漁獲物は32〜33cm台の2尾のみであった。鴨川市漁協所属船のハイカラ釣りによる12月の「大サバ」(600g/尾以上)漁獲量は5キロで、低調だった前年同期(205キロ)をさらに下回った。

1月上旬のまき網主漁場は12月に比べて南下し、鹿島灘海域に形成された。漁獲物は33cmモードで400g以上が主体であった。調査船千葉丸による1月9の勝浦沖でのハイカラ釣り調査では、38cmモードの魚体が漁獲された。鴨川市漁協所属船のハイカラ釣りでは、1月に入り1日1隻当たり水揚量が70kgを超える日が出てきた。たもすくい漁業民間船は1月9日現在、まだ出漁していない。

以上のことから、35cm以上の大型魚主群は1月上旬現在、北部海域まで来遊していないと考えられる。また、年明け後の千葉丸による調査結果や民間船のハイカラ釣り漁況から、房総海域まで大型魚の南下が認められるものの、まき網漁場での大型魚の割合が未だ高いことから、前年よりも南下が遅れていると判断される。よって初漁は、前年(1月末)よりやや遅れる可能性が高い。北部海域においては16℃以上の暖水が波及したときに初漁となる傾向があるため、2月上旬に北部海域への暖水波及により初漁が見込まれる。漁期中は、近年では北部海域を主漁場に、産卵盛期までは三宅島周辺にも漁場が形成される傾向がある。

魚体

伊豆諸島海域へ来遊するマサバは主に2歳魚以上である。今年1月当初時点の推定来遊資源量では、3歳魚および2歳魚の割合が高く、今漁期の漁獲の主体になると考えられる

漁期初めは大型魚主体で、以降は小・中型魚主体となる。漁期終盤には、例年のとおり大型魚の割合が増える可能性もある。

北上期

漁期終盤に北部海域への暖水波及があるときは、北上が開始される。近年、5月に入ると、1夜1隻平均漁獲量が減少する傾向がある。

マサバ写真

(3)マサバ資源管理

マサバの資源量は1990年頃から低迷が続いていたが、2004年級群と2009年級群の比較的高い水準の加入量と漁獲圧の低下により、両年級群が3・4歳魚まで資源の主体となったことを端緒に、その後も加入量の水準が比較的高い年級群の発生が多く見られ、増加傾向が続いている。

現在、未成魚は2013、2014年級群であり、これらの加入量水準は2013年級群では卓越して高く、2014年級群も近年では比較的高いと考えられている。未成魚に対する漁獲割合は近年、低下しているが、マサバ資源の本格的な回復を図るためには、さらに産卵親魚量を蓄積し、産卵経験のある親魚の割合を増やすことが望ましい。

以上から2013年級群と2014年級群については、さらなる資源増大の土台となる親魚量を確保するため、特に未成魚期の保護を十分に行っていくことが必要である。

▲画面トップにもどる

 

3.ゴマサバの漁況

(1)予測(2015年1〜6月)

 (ア)来遊量

1歳魚(2014年級群)は前年を下回る。2歳魚(2013年級群)は前年を上回る。3歳魚(2012年級群)は前年を上回る。全体では前年を上回る。

 (イ)漁期・漁場

期間を通じて三宅島周辺海域が主漁場となるが、マサバに混獲される場合は伊豆諸島北部海域にも漁場が形成される。

 (ウ)魚体

32〜35cm(3歳魚)と28〜32cm(2歳魚)が主体となる。30cm未満(1歳魚)も漁獲される。

※年齢は年初に加齢。魚体は尾叉長。

 

(2)説明

(ア)来遊量

予測には、静岡県小川港への水揚量から算出した年級群毎の資源密度指数(前年漁期(7〜11月)と予測期間(1〜6月)の資源密度指数との関係)と、CPUE(棒受網とたもすくい網のCPUEの関係)の2つを用いた。

太平洋系群における1歳魚(2014年級群)の加入水準は近年の平均を上回る水準と推定されている。2014年7〜11月に水揚げされた棒受網におけるゴマサバ漁獲尾数に対する1歳魚の割合は27.9%であった。今回の予測期間における1歳魚の来遊水準は前年比54%と推定されることから、漁獲の主体にはならないと考えられる。

太平洋系群における2歳魚(2013年級群)の加入水準は近年の平均を上回る水準と推定されている。2014年7〜11月に水揚げされた棒受網におけるゴマサバ漁獲尾数に対する2歳魚の割合は55.2%であった。今回の予測期間における2歳魚の来遊水準は前年比283%と推定されることから、予測期間中の漁獲の主体になると考えられる。

太平洋系群における3歳魚(2012年級群)の加入水準は近年の平均を上回る水準と推定されている。2014年7〜11月に水揚げされた棒受網におけるゴマサバ漁獲尾数に対する3歳魚の割合は13.1%であった。今回の予測期間における3歳魚の来遊水準は前年比388%と推定されることから、予測期間中の漁獲の主体になると考えられる。

太平洋系群における4歳魚(2011年級群)の加入水準は近年の平均程度の水準と推定されている。2014年7〜11月に水揚げされた棒受網におけるゴマサバ漁獲尾数に対する4歳魚の割合は2.5%であったことから、今後漁獲の主体とはならないと考えられる。

予測期間中の全年齢込みの来遊水準については、(n-1)年7〜11月とn年1〜6月の棒受網CPUEの関係及び、棒受網CPUEとたもすくい網CPUEの関係から、予測期間におけるCPUEがそれぞれ161%、111%であることから、前年を上回ると考えられる。

(イ)漁期・漁場

ゴマサバの漁場は、近年の棒受網漁業・たもすくい網漁業の主要漁場が三宅・三本周辺であること、マサバの近年のたもすくい網漁業の主要漁場が伊豆諸島北部海域に形成されることから予測した。

(ウ)魚体

漁場に来遊する年級群毎の加入水準、前期(7〜11月)の漁獲状況から予測した年齢構成に基づき、近年における棒受網の年齢別尾叉長モードから予想した。

ゴマサバ写真

注:本文中の年齢は全て2015年(平成27年)1月1日を基準とする。
注:1歳魚(2014年級群)、2歳魚(2013年級群)、3歳魚(2012年級群)、4歳魚(2011年級群)

 

なお、詳細とこれまでの経過と現況(海況、漁況)、漁期前調査結果については、「こちら」をご覧ください(PDFファイル)。

▲画面トップにもどる

 

お問合せ先

静岡県水産技術研究所
〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
電話番号:054-627-1815,1816,1817,1818  FAX:054-627-3084  E-mail:suishi@shizuokanet.ne.jp