ここから本文です。

静岡県水産技術研究所


海況、資源動向の情報:一都三県サバ漁海況検討会

 待合室「ふきゅう」 パンくずリスト矢印 海況、資源動向の情報:一都三県サバ漁海況検討会 パンくずリスト矢印 平成26年1月〜6月の県内漁海況予測

一都三県サバ漁海況検討会(平成26年1〜6月)

平成26年01月9、10日:一都三県水産研究機関(東京都島しょ農林水産総合センター、神奈川県水産技術センター、静岡県水産技術研究所、千葉県水産総合研究センター)

1.海況

(1)黒潮(2014年1〜6月)

黒潮は、概ねC型で推移する。2月と5月に小蛇行の東進に伴い一時的にB型となる。

伊豆諸島北部および三宅島周辺海域は、1月は冷水域に覆われるが、1月下旬には一時的に三宅島周辺海域に暖水が波及する。また、流路の変動に伴い、2月中旬に三宅島周辺海域に暖水波及が見られ、2月下旬には伊豆諸島北部海域まで暖水が波及する。3月はC型となり、3月中旬以降は再び冷水域に覆われる。5月には小蛇行の東進に伴い、一時的に暖水に覆われる。

伊豆諸島北部海域の水温は、1月は平年並〜低めとなる。2月は一時的に高めとなるが、3月に再び平年並〜低めとなり、5月には一時的に高めとなる。

(2)説明

1月9日現在、黒潮は八丈島の南側を通過するC型流路であり、伊豆諸島海域は概ね冷水域に覆われている。1月から3月上旬までの海況については、FRA-ROMSを参考とした。3月中旬以降については、平成25年度第2回太平洋いわし類・マアジ・サバ類長期漁海況予報によると、5月に小蛇行が遠州灘から伊豆諸島海域を通過する見込みであるため、一時的にB型になると考えられる。 黒潮流型図

※平年並み=平年値±0.5℃程度、やや高め・やや低め=平年値±1.0℃程度、高め・低め=平年値±1.5℃程度、かなり高め・かなり低め=平年値±2.5℃程度。

▲画面トップにもどる

 

2.マサバの漁況

(1)予測(2014年1〜6月)

 (ア)来遊量と漁獲量

マサバ2歳魚(2012年級群)は前年を上回る。3歳魚(2011年級群)は前年を下回る。4歳魚(2010年級群)は前年を下回る。5歳魚(2009年級群)は前年を上回る。マサバ全体としては前年並。

 (イ)漁期・漁場

初漁は2月下旬に黒潮からの暖水が伊豆諸島北部海域(以下、「北部海域」という)へ波及したときに見られる。

漁場は北部海域(大室出し〜利島、ひょうたん瀬)が中心となり、三宅島周辺海域でも形成される可能性がある。

 (ウ)魚体

マサバは2歳魚(30〜32cm)と4、5歳魚(35cm以上)が主体に漁獲される。

※年齢は年初に加齢し2014年時で表す。魚体は尾叉長で表す。

 

(2)説明

漁期当初のマサバ推定来遊資源量・漁獲量

来遊資源は近年では加入量水準が比較的高い2012年級群と、同じく近年では加入量水準が高く、4、5歳魚としての残存資源量が多い2010、2009年級群が主体になると考えられる。前年6月末時点の資源量から1〜12月のマサバの漁獲を差し引いて求めたマサバ推定来遊資源量(3歳魚以上と2歳魚の一部)は、前年並と推定された。

従前の漁獲努力量レベルで操業されると、漁獲量は来遊資源量の0.44%(近年5か年平均)であることから、前年(2,325t)をやや上回ると算出される。しかし、黒潮がC型基調で北部海域へ暖水が波及しづらい海況が予測されること、昨年漁期の着業船減少により今期の漁獲努力量は近年5か年平均より低いレベルになると想定されることから、漁獲量は前年並と考えられる。

初漁日、漁場

12月は、まき網漁業の主漁場が常磐南部〜鹿島灘海域に形成され、漁獲物は尾叉長29cmと35cmにモードがあった。千葉丸による12月26日のミゾ場でのハイカラ釣り調査では、漁獲物は35cmにモードがあった。鴨川市漁協所属船のハイカラ釣りによる12月の「大サバ」(600g/尾以上)漁獲量は0.2トン(前年同期5.2トン)と低調であった。

1月上旬のまき網主漁場は引き続き常磐南部〜鹿島灘海域に形成され、漁獲物は29、30cmモードで小型魚主体となった。千葉丸による1月8日の勝浦沖での調査ではマサバは皆無で、ゴマサバのみの漁獲であった。鴨川市漁協所属船のハイカラ釣りでは、1月に入り1日1隻当たり100kgを超える日が出てきた。たもすくい漁業民間船は1月7日に出漁し、三本(海面水温15.7〜16.2℃)で操業したが、ゴマサバ(小型魚主体)157kgの漁獲であった。

以上のことから、35cm以上の大型魚主群は1月上旬現在、北部海域まで来遊していないと考えられる。しかし、まき網漁場での大型魚の割合が減少傾向にあることや、ハイカラ釣り漁況から、房総海域まで大型魚が南下し始めていると判断される。初漁は北部海域において、16℃以上の暖水が波及したときに見られる傾向があるので、北部海域が冷水域に覆われる1月は漁場形成されず、2月下旬に、北部海域に暖水が波及した際に、当海域で初漁になると考えられる。近年、北部海域を主漁場に、産卵盛期までは三宅島周辺にも漁場が形成される傾向がある。

魚体

伊豆諸島海域へ来遊するマサバは主に2歳魚以上である。昨年12月末時点のマサバ推定来遊資源量では、2歳魚および4、5歳魚の資源量水準が高く、今漁期の漁獲の主体になると考えられる。

漁期初めは大型魚主体で、以降は小・中型魚主体となる。漁期終盤には、例年のとおり再び大型魚の割合が増える可能性もある。

北上期

漁期終盤に北部海域への暖水波及があるときは、北上が開始される。

マサバ写真

(3)マサバ資源管理

マサバの資源量は1990年頃から低迷が続いていたが、2004年と2009年級群の比較的高い水準の加入量と漁獲圧の低下により、両年級群が3、4歳魚まで資源の主体となったことで、増加傾向にある。未成魚は2012、2013年級群であり、これらの加入量水準は2012年級群では比較的高く、2013年級群は近年では卓越して高いと考えられている。近年、未成魚に対する漁獲割合は低下しているが、マサバ資源の本格的な回復を図るためには、さらに産卵親魚量を蓄積し、産卵経験のある親魚の割合を増やすことが望ましいことから、引き続き油断することなく2012年と2013年級群を保護していくことが必要である。

▲画面トップにもどる

 

3.ゴマサバの漁況

(1)予測(2014年1〜6月)

 (ア)来遊量

ゴマサバ1歳魚(2013年級群)は前年を下回る。2歳魚(2012年級群)、3歳魚(2011年級群)は前年を上回る。全体では前年をやや上回る。

 (イ)漁期・漁場

期を通じて三宅島周辺海域が主漁場となるが、マサバに混獲される場合は伊豆諸島北部海域にも漁場が形成される。

 (ウ)魚体

2歳魚(2012年級群:28〜31cm)と3歳魚(2011年級群:30〜34cm)を主体に、1歳魚(2013年級群:24〜27cm)も漁獲される。また、4歳魚(2010年級群:34cm以上)も混じる可能性がある。

※年齢は年初に加齢。魚体は尾叉長。

 

(2)説明

(ア)来遊量

1歳魚(2013年級群)は前年を下回る。2歳魚(2012年級群)、3歳魚(2011年級群)は前年を上回る。全体では前年をやや上回る。

予測には、年級群毎の重量による資源密度指数を用いた予測(前年漁期(7〜11月)と予測期間(1〜6月)の資源密度指数との関係)と、CPUEによる予測(棒受網とたもすくい網のCPUEを使用した予測)の2つを用いた。年級群毎の重量による資源密度指数の予測では、全体としては、来遊水準は前年比99%であり、前年並となった。CPUEからの予測では、棒受網漁業CPUEでは前年を上回り、たもすくい網漁業CPUEは前年並となった。このことから、全体では前年をやや上回ると推定した。

1歳魚(2013年級群)は、加入水準は8月時点で高いとされていたが、2013年7〜11月の棒受網漁獲尾数割合は、7月以降、次第に増加したものの、20.8%に止まった。年級群毎の重量による資源密度指数から来期予測される来遊水準は前年比24%と低く、予測期間中の漁獲の主体とはならないと考えられる。

2歳魚(2012年級群)は、加入水準は比較的高い水準と推定されており、2013年7〜11月の棒受網漁獲尾数割合は37.1%であり、漁獲主体となった。来期予測される水準は、前年比223%と高く、予測期間中の漁獲主体になると考えられる。

3歳魚(2011年級群)は、加入水準は近年の平年程度と推定されており、2013年7〜11月の棒受網漁獲尾数割合は24.3%であった。来期予測される水準は前年比234%と高く、2歳魚とともに、予測期間中の漁獲主体になると考えられる。

4歳魚(2010年級群)は、加入水準は近年の平均を上回ると推定されているが、2013年7〜11月の漁獲尾数割合は10.8%であったことから、今後漁獲の主体とはならないと考えられる。

(イ)漁期・漁場

近年の棒受網漁業・たもすくい網漁業によるゴマサバの主要漁場が三宅・三本周辺であることと、マサバ漁場が主に伊豆諸島北部海域に形成されることから予測した。

(ウ)魚体

年齢については、上記(ア)来遊量の年級群ごとの加入水準、漁獲状況から予測した。魚体については、近年における棒受網の年齢別尾叉長モードから予想した。

ゴマサバ写真

注:本文中の年齢は全て2014年(平成26年)1月1日を基準とする。
注:1歳魚(2013年級群)、2歳魚(2012年級群)、3歳魚(2011年級群)、4歳魚(2010年級群)

 

なお、詳細とこれまでの経過と現況(海況、漁況)、漁期前調査結果については、「こちら」をご覧ください(PDFファイル)。

▲画面トップにもどる

 

お問合せ先

静岡県水産技術研究所
〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
電話番号:054-627-1815,1816,1817,1818  FAX:054-627-3084  E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp