ここから本文です。

静岡県水産技術研究所


海況、資源動向の情報:長期予報会議開催結果

 待合室「ふきゅう」 パンくずリスト矢印 海況、資源動向の情報:長期予報会議開催結果 パンくずリスト矢印 平成17年4〜6月の県内漁海況予測

静岡県内における漁海況予測(平成17年4〜6月)

※平成16年度第3回長期漁海況予報会議における予測文を参照

平成16年3月31日 静岡県水産試験場

1.海況

(1)黒潮

4月〜5月はA型流路で推移するが、6月以降はC型流路へ移行する。

(2)沿岸水温

A型流路が持続することにより、暖水波及や内側反流が起こり、沿岸域は断続的に暖水に覆われる。

遠州灘〜駿河湾 「平年並み」〜「高め」
相模湾 「平年並み」〜「高め」
伊豆諸島北部 「平年並み」〜「高め」
伊豆諸島南部 「平年並み」〜「やや高め」

<予測の説明>

黒潮の大蛇行は1年程度持続することが知られている。また、黒潮流路の変動は、都井岬南東沖で発生した小蛇行が遠州灘沖まで東進することによって生じる。平成17年2月に都井岬南東沖で形成された小蛇行が6月に遠州灘沖に到達し、平成16年8月から持続している大蛇行に影響することにより、蛇行が東に偏りC型に移行すると予測された。

※平年並み=平年値±0.5℃、やや高め=平年値+1.0℃、高め=平年値+1.5℃、かなり高め=平年値+2.5℃

▲画面トップにもどる

 

2.マサバおよびゴマサバ

対象漁業 : 伊豆諸島海域における、たもすくい・棒受網漁業

 

(1)来遊量

ゴマサバは1歳魚と2歳魚を中心に前年並みか前年をやや下回る。棒受け網では前者の割合がかなり高く、前年を上回る。マサバは低水準だが近年ではやや多い。サバ類全体としては前年並みかやや下回る。

(2)漁期・漁場

伊豆諸島北部海域から三宅島周辺が主漁場となる。

(3)魚体

ゴマサバは25〜31cm(1歳魚)と31〜35cm(2歳魚)が漁獲され、1歳魚の割合が大きい。マサバは33〜37cm(2,3歳魚)が主体で30cm以下の1歳も混じる。

<予測の説明>

マサバ

近年では発生量が比較的多かった3歳魚(2002年級群)は2歳魚(2003年級群)に比べて資源水準は高いが、現時点では多くは残存していない。1歳魚(2004年級群)の加入量は2002年級群を上回る可能性があるが、伊豆諸島海域への来遊は少ない。

ゴマサバ

1歳魚(2004年級群)の加入量は極めて高いが、2、3歳魚の残存資源は少ない。

▲画面トップにもどる

 

3.マイワシ

<対象漁業> 

成魚・未成魚(遠州灘〜相模湾のまき網、定置網)、シラス(遠州灘〜駿河湾の船曳網)

(1)来遊量

(成魚・未成魚) 1,2歳魚とも低水準が引き続く
(シラス) 2004年同様の低水準

(2)漁期・漁場

(成魚・未成魚) 散発的に漁獲される。
(シラス) 4月まで

(3)魚体

17〜18cmの1歳魚と19〜20cmの2歳魚。

<予測の説明>

2004年の遠州灘〜駿河湾でのマシラスの漁獲は前年を下回る低水準だったものの、相模湾では早期発生群が多かったことが確認されている。春には相模湾で小羽が近年としては多く漁獲されており、6月の駿河湾においても2004年級群の漁獲が増加した。2004年7月以降、2003、2004年級群主体に漁獲が続いていたが、現在は2004年級群の漁獲が途切れているとみられる。全国的にも、2004年級群は一部の海域で比較的多く水揚されていたが、沖合域での分布量は極めて少ないと推測されている。親魚量も少ないため、0歳魚の加入も多くは期待できない。このため、マイワシは引き続き低水準で推移するとみられる。

▲画面トップにもどる

 

4.カタクチイワシ

<対象漁業> 

成魚・未成魚(遠州灘〜相模湾のまき網、定置網)、シラス(遠州灘〜駿河湾の船曳網)

(1)来遊量

(成魚・未成魚) 1,2歳魚とも前年をやや下回る。
(シラス)    低調だった前年を上回る。

(2)漁期・漁場

(成魚・未成魚) 沿岸域を中心に全期間。
(シラス)    5月上旬から本格化する。

(3)魚体

13〜14cm(2歳魚)主体に10〜12cm(1歳魚)が混じる。

<予測の説明>

1歳魚は全国各地で2004年のシラス漁が不漁であったこと、これまでの漁況でもあまり多くみられないこと等から、加入水準が低かった可能性がある。2歳魚は比較的まとまって漁獲されたこと等から比較的高い水準にあったが、来遊量は前年並みか若干下回ったと考えられる。このため、カタクチイワシ成魚・未成魚は前年をやや下回るとみられる。
シラスについては、漁況・海況等との関係から予測を行ったところ、ばらつきが大きいが総じて平年を下回る値が得られた。また、過去の黒潮大蛇行時には、カタクチシラスは2,000トン以下の水揚量だったことも勘案し、極度に低調であった前年は上回るものの、例年を大きく下回ると判断した。

▲画面トップにもどる

 

注:0歳魚(2005年級群)、1歳魚(2004年級群)、2歳魚(2003年級群)、3歳魚(2002年級群)

お問合せ先

静岡県水産技術研究所
〒425-0033 静岡県焼津市小川3690
電話番号:054-627-1815,1816,1817,1818  FAX:054-627-3084  E-mail:suigi-web@pref.shizuoka.lg.jp